コラム コラム 2016年7月4日 更新 お気に入り追加 0

セルフネイラーさん必見!夏も人気のデニムネイルの作り方♪

1,452 view
セルフネイラーさん必見!夏も人気のデニムネイルの作り方♪ Itnail編集部

夏に向けて涼しげなネイルがしたくなりますよね。涼しげなネイルの1つとしてデニムネイルが挙げられます。実際、サロンでも夏になるにつれてオーダーが増えていくデザインです。色も青で涼しげだし、カジュアルな印象なので普段から気軽にできるデザインでもありますね。そんなデニムネイル、自分でできれば嬉しいですよね。自分でやって友達に自慢しましょう!やり方をご紹介します!!

スポンジを使ったデニムネイルのやり方

 (458839)

必要なもの

・ベースコート
・カラーポリッシュ(白、水色、青)
・トップコート
・目が粗めなスポンジ(小さめ)

手順

①ベースコートを塗る。

②全体に白のポリッシュを塗る。

③スポンジで水色のポリッシュをポンポンと軽く叩く。

④スポンジで爪の周りを縁取るように青のポリッシュでポンポンと軽く叩く。

⑤スポンジで白のポリッシュをほんの少し取り、真ん中にポンポンと軽く叩く。

⑥トップコートを塗って完成。

注意

スポンジに取るポリッシュの量は少なめぐらいで、付かなくなったらまた付ける、というように調節してください。
③④⑤では色を均一にする必要はありません。色の付きが薄い所があっても大丈夫です。
トップコートはマットタイプだと、よりデニム感がでます。

ポリッシュのやり方をご紹介しましたが、ジェルでも同じ手順でできます。その場合は毎回硬化を忘れずに!

クッキングシートを使ったデニムネイルシートの作り方

 (458840)

必要なもの

・ベースジェル
・カラージェル(白、水色、青)
・トップジェル
・クッキングシート

手順

①ベースジェルをクッキングシートに塗り硬化。

②ベースを塗った所全体に白のジェルを塗り硬化。

③水色のジェルを少し取り、わざとムラができるようにざっくりと白の上に一方向に塗り硬化。

④青のジェルを少し取り、水色同様、わざとムラができるようにざっくりと水色の上に一方向に塗り硬化。

⑤白のジェルを少し取り、バランスを見ながら一方向に、デニムの繊維をイメージして白い線を付け硬化。

⑥トップコートを塗って硬化して完成。

注意

⑤の白い線は付け過ぎたら筆でぼかしてください。
トップコートはマットタイプだと、よりデニム感がでます。

全体をポンポンすればスポンジを使った方法でも、作ることができます。
このシートを爪の大きさに切ったり、好きな形に切ったりして爪に貼れば、簡単にデニムができます。

デニムネイルのアレンジいろいろ

 (458841)

デニムネイルはどんな色にも合いますが、中でもピンクやイエローなどの色が定番で可愛く見えます。今年は赤でバンダナ柄と合わせるのがおしゃれです!

クッキングシートで作ったシートを色や順番を変えたりして何種類か作っておけば、四角く切って貼り、パッチワーク風のデニムネイルもできます。

ゴールドのスタッズとは相性抜群なので、爪を縁取ったり、星やハートのスタッズを爪の根元に乗せたりしても可愛いですね。

白のジェル、またはポリッシュでステッチを入れてもデニムっぽくておしゃれです。

いろんなアートを試して、自分に似合うデニムネイルを探してください!



Itnail編集部