コラム コラム 2020年7月13日 更新 お気に入り追加 0

お好きにどうぞ♡複数色を使った塗りかけアートネイル

672 view
お好きにどうぞ♡複数色を使った塗りかけアートネイル Itnail編集部

あえて中途半端に色を乗せてニュアンス感を出すネイルを「塗りかけネイル」といいます。この記事では、複数のカラーを使った塗りかけネイルを特集します。少なくとも2色以上を重ねて塗りかけアートをすると、芸術的な仕上がりになりますよ。

ちょっと大人め!ダークなカラーの塗りかけネイル

Sleep (自由が丘&中目黒)

Sleep (自由が丘&中目黒)

大人の雰囲気を出したいときは、ダークカラーを入れるのがポイントです。

レッド、ブラックを爪に乗せ、その上にシルバーのミラーパウダーを施しましょう。レッドとブラックという主張の強い色同士が絶妙に重なり合い、そこにメタリックな光が加わることで個性が発揮できます。

できるだけたくさんのカラーを塗るのも、カッコイイです。パープル、ブルー、ブラウン、シルバー、ゴールドを塗り重ねます。色を重ねることで重厚感が出ますが、爪の根元部分はクリアになっているため、重くなり過ぎません。鈍く光るシルバーやゴールドカラーが印象的ですね。
Rosett BY broocH

Rosett BY broocH

女子力高めにしたいならパープルorピンクをオン

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

複数色を使った塗りかけネイルに、ピンクやパープルを加えると女の子らしい色合いになります。

まずは、パープルを使ったデザインから見ていきましょう。女性らしくオーバルに整えられた爪にパープルとブラウンで色をつけ、上から金箔をあしらいます。ブルー×水色×ブラウンの塗りかけネイルもさわやかで、今の時期にピッタリのデザインになります。

やさしい雰囲気のフェミニンネイルが好きなら、乳白色ベースにピンク×水色の塗りかけアートを試してみてください。銀箔で少しキラッとさせてもかわいいです。ポイントに加えられたブルーやホワイトのシェルも夏らしいですね。

ほかにも、パステルパープル×パステルピンク、パープル×水色、ピンク×ホワイトといった組み合わせもガーリーになるのでおすすめです。
Nails Lien

Nails Lien

夏っぽネイルにするにはブルーやグリーンを加える

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

今の時期に合わせた、夏らしいネイルにしたいなら、ブルーやグリーンを加えるのが一番の近道です。

ベースは涼しげになるようにクリアにします。クリアネイルの上に、ブルー×グリーンの塗りかけアートを施しましょう。ブルーは爽やか、グリーンはフレッシュな印象を与えます。仕上げに金箔をプラスすれば完璧です。

薬指だけ、クリアベースの中央付近にシェルを乗せ、爪の周囲をゴールドで囲みましょう。トレンド感のあるアートを添えることで、一気にセンスアップします。



Itnail編集部