コラム コラム 2018年3月13日 更新 お気に入り追加 0

爪のコンプレックスを解消!『整形ネイル』で指先美人に

876 view
爪のコンプレックスを解消!『整形ネイル』で指先美人に Itnail編集部

爪が短い、爪の幅が広い、爪がまっすぐ生えていない…というように、爪に関する悩みは人によって様々ですよね。爪に関するコンプレックスは、ネイルデザインを工夫することで解消できる場合があります。ここでは、爪のコンプレックスを解消して指先美人になれる、整形ネイルのデザインをご紹介します。

スキンカラーグラデーションで指先美人に

Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)

爪や指の長さにコンプレックスがある方には、スキンカラーグラデーションネイルをおすすめします。肌色に近いカラーを使ったグラデーションデザインにすることで、爪と指を一体化させ、指長・爪長効果を狙うのです。

シンプルなグラデーションデザインも素敵ですし、爪先に少しだけラメをあしらってみるのもいいですね。爪先にアートを施すと指を動かすたびに爪先が輝くため、視線を集中させることもできます。
オフィスではシンプルなグラデーションに、アフターファイブはラメをプラスして華やかに…というのも素敵です。
Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)

短爪さんにはスカルプがおすすめ

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

自爪が極端に短い場合、ネイルデザインだけで爪を長く見せるには限界があります。

そこでおすすめしたいのが、スカルプです。スカルプとは、アクリルパウダーやハードジェルで人工の爪を作りその長さを出す技術。付け爪とは違い、まるで自爪のような質感を出すことができます。

スカルプで爪の長さを出したうえで、グラデーションやストライプ、フレンチ、ワンライン…といった指長効果を狙えるネイルアートをすれば、あっという間に指先美人に変身できることでしょう。
Venir (東京・板橋)

Venir (東京・板橋)

縦ラインを強調したデザインで美指効果を狙う

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

爪や指を長く見せるには、縦ラインを強調したデザインもおすすめです。

例えば、ベースはシンプルなグラデーションやワンカラーにしておいて、好きな爪1~2本くらいにワンラインアートを施す、というのはいかがでしょうか。ベースをあえてシンプルにすることで描いた縦のラインが引き立ち、爪や指を細く長く見せる効果が期待できます。
ストーンやパールを並べたり、シンプルにラメだけで縦ラインを描いたり…。おなじワンラインネイルでも、いろいろなデザインが考えられますね。

また、好きな爪1本だけに細ラインのストライプアートを施したり、スキンカラーを何種類か組み合わせたマルチストライプデザインにしたりするのもおすすめです。


Itnail編集部