コラム コラム 2016年1月21日 更新 お気に入り追加 0

ネイリストとして世界で勝負!世界に通用する日本のネイル技術

2,671 view
ネイリストとして世界で勝負!世界に通用する日本のネイル技術 AUTHORs BEAUTY

ネイリスト。この言葉は日本で作られた俗語で、英語圏では一般にマニキュアリストまたはネイルアーティストといわれます。手先の器用さを生かし、NYでは韓国系、中国系、LAではベトナム系とアジア系の人が多かったのですが、ネイルアートの流行によりセレブリティネイルアーティストなどネイルアーティストがアイドル的存在となり、現在は人種とわず人気の職業となりました。 またデザインセンスから日本人マニキュアリストは特に重宝されることもあります。 アメリカでのネイルのお仕事。技術はもちろん大切ですが、自己判能力が最も求められます。 アメリカのネイルサロンでは時給でお給料をもらう所はほとんどありません。さすが実力社会、歩合が主流です。

どうなっているの?気になる世界のネイリストの需要と就業環境

 (181365)

ネイリスト。この言葉は日本で作られた俗語で、英語圏では一般にマニキュアリストまたはネイルアーティストといわれます。
*マニキュアリスト

サロンで働くネイリストを指します。ケア、カラー、ペディキュアを始めスカルプチュアネイル、ジェルポリッシュなどエチケットとしてのネイルを重点的に意識し、的確に短時間で美しい仕上がりを求められます。近年ではネイルアートブームに肖り、ネイルアートを施術するネイルサロンもありますが、全てのサロンで施術しているわけではないので日本のようにネイルサロン=ネイルアートではありません。
*ネイルアーティスト

ビューティー専門のエージェントに所属し、ファッションショー、コマーシャル、ファッション紙等のネイルを担当したり、イベント出演など仕事は様々です。フリーランスでセレブリティーのハウスコールの仕事をするアーティスもいます。ケアカラー、スカルプチュアネイル、ジェルネイル、3Dアートと全てにおいてそつなくこなせることが絶対条件ですが、近年ではネイルアーティストと自称する人々も多いため、ネイルスタイリストと言い換えることもあります。

世界に通用する日本のネイル技術!アメリカでも人気の職業に

 (181366)

手先の器用さを生かし、NYでは韓国系、中国系、LAではベトナム系とアジア系の人が多かったのですが、ネイルアートの流行によりセレブリティネイルアーティストなどネイルアーティストがアイドル的存在となり、現在は人種とわず人気の職業となりました。
またデザインセンスから日本人マニキュアリストは特に重宝されることもあります。

アメリカでのネイルのお仕事。技術はもちろん大切ですが、自己判能力が最も求められます。
アメリカのネイルサロンでは時給でお給料をもらう所はほとんどありません。さすが実力社会、歩合が主流です。

1人1人が経営者のように振る舞う必要があり、何事も自己責任になってしまうので、使用プロダクツの意味を十分理解して使用しないとトラブルの原因になるでしょう。(プロダクツの意味を理解せず学校で習ったのでこの行程してますってネイリストさん多いですよね。アメリカではあり得ません。)

なにかとトラブルが起きた時に裁判に持ち込むのがアメリカ人。裁判になったとき理解せずに使用していたら不利になり多額の賠償金が発生します。

アメリカにおけるネイルアーティストのお給料システムって?

 (181367)

サロンワークのお給料ですと自分の売上に対してお店から(30-50%)+お客様からのチップ(技術職の場合、売り上げの20%前後)となります。もちろん施術していない間はお給料が発生しませんが、自分の頑張り次第で収入が大きく変わるのでやりがいのある仕事です。

ネイルアーティストのお給料もピンからキリまでなので一概にはいえませんが、所属事務所の規定により仕事内容に対しての%で支払われるか、1日(または時間契約)で支払われることが多いです。1日のお仕事が$5000(2015年1月22日現在1ドル=118円)日本円にして590,200円!!なんていうセレブリティネイルアーティストもいます。アメリカンドリームですね!

Have a wonderful day xxx



Britney TOKYO(ブリトニートウキョウ)

関連記事