コラム コラム 2017年4月8日 更新 お気に入り追加 0

ネイルを傷めない『パラジェル』って知ってる?

12,515 view
ネイルを傷めない『パラジェル』って知ってる? Itnail編集部

ジェルネイルやスカルプ、ポリッシュなど爪先のオシャレをするのには様々な方法がありますよね。ただどれにでもメリットやデメリットがあって、持ちがイイ!けど爪を削らなくてはならなくてどんどん爪が薄くなってしまう・・・。気軽にサッと塗るだけ!でももちが悪くてお気に入りのデザインがすぐ剥げてしまうなどなど。そんなあなたにオススメしたいのが「パラジェル」。爪を傷めず、アートは長持ち!といういいとこどりのパラジェルの魅力をご紹介させていただきます。

サンディング不要のジェルネイル「パラジェル」

 (530355)

往来のジェルネイルはすべて、サンディングといって自爪を削り、ジェルを密着させるという方法でしたよね。
この削りが甘かったりするとジェルネイルがすぐはずれてしまったり、逆に削りすぎて爪が薄くなってペラペラになってしまったりと、セルフネイルをしている方にとって加減が難しいものだったかと思います。
もちろんプロのネイリストさんに施術してもらっても少なからず爪はダメージを受けてしまいますよね。元々爪が薄い方にはジェルが難しかったり・・・

そんなジェルネイルのデメリットをなくした、サンディング不要のパラジェルにあなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

パラジェルはセルフでもすることができる?

 (530356)

パラジェルってセルフネイルで可能なの?と思っている方もいらっしゃると思うのですが、答えはYES!おうちで簡単パラジェルでのセルフネイルを楽しむことが出来ますよ!中々サロンに行く時間がないという方や、今までセルフネイルをしてきたから自分でやってみたい!という方のために、施術方法をご紹介させていただきます。

パラジェルのやり方といっても手順は往来のジェルネイルとさほど違いはありません。サンディングをせず、専用のジェルを乗せ硬化させていくだけなんです。とはいってもサンディングをしない分、下処理もしっかりとしなくてはならないので、浮きのないように念入りにする必要があります。

パラジェルはセルフ用に様々なカラーが販売されていますが、往来のジェルよりも少々お値段がはってしまう場合が多いです。サロンで施術した方が安く済む場合もあり、そこはあなたのライフスタイルに合わせて検討してみてくださいね。

パラジェルをする際に気を付けなくてはならないこと

 (528182)

サンディングが不要で、ライトを当てる時間も短く、大分時短が可能なパラジェルですがデメリットもあります。

それはサンディングがない分往来のジェルネイルに比較し持ちが少々悪くなってしまうという事。とはいってもポリッシュなどに比べたら断然持ちはよく、自爪を傷めずにお気に入りのデザインを少しでも長持ちさせることができたら嬉しい限りですよね。

また、セルフで使用するパラジェルが少々お高めなのもありますが、もちろんサロンで施術する場合も今までのジェルネイルよりもお値段は高くなっている傾向にあるようです。しかしジェルネイルのしすぎでネイルの施術を断られてしまった場合にも、状態にもよりますがパラジェルでの施術は可能なこともあり、臨機応変にパラジェルを上手に活用してみてはいかがでしょうか?
元々爪のうすい方にもオススメなのがパラジェルです!



Itnail編集部