コラム コラム 2016年7月12日 更新 お気に入り追加 0

フットジェルネイルは巻き爪がひどくなる?ポリッシュがベター?

2,633 view
フットジェルネイルは巻き爪がひどくなる?ポリッシュがベター? Itnail編集部

夏といえばフットネイルにも気合いの入る季節。乾かす時間がないからフットもジェルネイルにしている人は多いはず。でもそれ、ひょっとしたら巻き爪がひどくなるかもしれません。フットにはポリッシュがおすすめの理由、お教えします。

あなたの巻き爪はどっち?陥入爪とは?

 (469207)

【イットネイル】ただ巻き爪といっても2種類タイプがあるのはご存じですか?1つは陥入爪、もう1つが通常の巻き爪です。
陥入爪とは爪が生える時点で、ささくれ状になって生えてしまう爪のことです。伸びる過程でささくれが枝分かれしてしまい、それが皮膚に突き刺さり、出血や化膿を引き起こしてしまいます。
原因はいくつかあるようですが、ぶつけたりすることで爪の根元の細胞にダメージが加わり、ひび割れた爪や曲がった爪が生えることで、陥入爪になってしまうことが多いようです。
陥入爪の場合、膿んでしまったり炎症を起こすため、正直ジェルネイルなんてやっている場合じゃない、というのが本当のところでしょう。放っておくとばい菌が入ってしまうので、皮膚科で治療がおすすめ。もちろん保険適用です。

ただの巻き爪が1番危険?もっと巻いちゃうかも?

 (469208)

明らかに炎症を起こしていない、化膿していない、という場合は、陥入爪ではなく、ただの巻き爪でしょう。しかし、ここに落とし穴が。
ジェルネイルは硬化するときに爪にぎゅっと食いついて固まる動きがあります。このぎゅっと食いつくときに爪を圧迫しているのです。つまり、少し巻き気味だった爪を、さらに巻いてしまう危険性があるのです。
そのためずっとフットのジェルを続けていると、巻き爪がドンドンひどくなってしまうのです。
またジェルネイルはサロンで行った場合、時間とお金がかかっています。お金をかけているのだから少しでも長くフットジェルを楽しみたいと思うもの。それがジェルを長期間放置する原因になり、ほとんどの人がジェルネイルの下で爪にヒビが入っている状態なのです。
ちょっと伸びた爪に靴の圧迫や体重がかかっているため、爪にヒビ、さらには爪の根元にもダメージが加わり、曲がった爪や縦横の線が入った爪になりやすくなってしまうのです。

巻き爪を悪化させないネイルの楽しみ方

 (469209)

フットネイルの巻き爪を悪化させない、巻き爪にしないためには、ジェルではなくポリッシュがベスト。フットのカラーリングは1ヶ月もたせることが可能です。また自分でカラーオフ、伸びた爪をファイリングできるのが最大の魅力。
しかし、やっぱりフットでもジェルを楽しみたいというのなら、夏だけ、もしくは休み休みジェルを楽しむのがおすすめ。継続は巻き爪を進行させます。
他にも巻き爪の原因は、親指に体重をかけない歩き方ともいわれています。そのため、かかとから指先までの体重移動がきちんとできる歩き方にチャレンジを。
血行不良も巻き爪の原因なので、適度な運動や足元を冷やさないことも大切ですよ。



Itnail編集部