コラム コラム 2016年9月26日 更新 お気に入り追加 0

ネイルトラブル最大の原因!爪の乾燥を防ぐための対策3つ

789 view
ネイルトラブル最大の原因!爪の乾燥を防ぐための対策3つ Itnail編集部

ひび割れや欠け、剥離など爪のトラブルには様々なものがありますが、その最大の原因は、爪の乾燥にあります。そしてこの爪の乾燥ですが、実は日常生活におけるちょっとした心がけによって防ぐことができます。そこで今回は、日々の生活の中でできる爪の乾燥対策について、詳しくチェックしてみましょう。

家事をするときは手袋をつけよう!

 (486426)

【イットネイル】爪が乾燥する原因の中でも意外と見落とされがちなのが、洗剤や漂白剤です。

食器を洗ったりお風呂掃除をしたりするときには台所用洗剤や漂白剤を使う方がほとんどではないかと思いますが、こういった洗剤の中には、界面活性剤や漂白成分など自爪に負担をかけるものが沢山含まれています。

しつこい油汚れをいとも簡単に落としてくれるわけですから、爪に負担をかけてしまうというのもある意味当然ですよね。

そして洗剤によってダメージを負った爪からは徐々に水分が失われ、割れたり欠けたりといったネイルトラブルが起こるようになってしまうのです。そこで爪の乾燥を防ぐにはまず、洗い物をしたり掃除をしたりする際にゴム手袋やナイロン手袋をつけて洗剤が爪に触れないようにしておきましょう。

栄養バランスのとれた食事をとろう!

 (486427)

爪の乾燥を防ぐには、食生活にも気を付ける必要があります。

爪はたんぱく質を主成分に作られているのですが、間違ったダイエットや偏食などによってタンパク質の摂取量が不足すると、健康な爪をつくることができなくなってしまいます。するとその影響によって爪の構造が脆くなり、水分が蒸発しやすくなることがあるのです。

たんぱく質は肉類や魚類、豆類などに豊富に含まれていますので、毎日の食事の中に無理のない範囲で取り入れてみてはいかがでしょうか。
またたんぱく質は、それ単体で摂取するよりもビタミンBと併せて摂取したほうがより高い効果が得られます。そこでたんぱく質を摂る際は、レバーや豚肉などビタミンBが豊富に含まれる食材も一緒に食べることをおすすめします。

手を洗った後は保湿ケアをしよう!

 (486428)

爪の乾燥を防ぐには、丁寧な保湿ケアをすることも大切です。

皆様は手を洗うときにハンドソープを使うかと思いますが、このハンドソープは、手の汚れと同時に指先の水分も奪ってしまいます。そこで手を洗った後はハンドクリームやキューティクルオイルを塗り、失われた水分をしっかりと補っておくようにしましょう。
また保湿ケアをした後にハンドマッサージをすると、有効成分を効率よく浸透させていくことができます。

爪の乾燥は日々のケアによって効果的に予防できますので、ぜひ試してみてください♪



Itnail編集部