コラム コラム 2016年10月14日 更新 お気に入り追加 0

フレークネイルのアイデア&落とし方 | アレンジでキラキラな指先を楽しもう♪

4,306 view
フレークネイルのアイデア&落とし方 | アレンジでキラキラな指先を楽しもう♪ Itnail編集部

しばらく続けていると、ワンパターンになりがちなセルフネイル。でも忙しいときに時間はかけられないし……。そんな方におすすめなのが、ラメや小さなホログラム・スパンコールなどの「フレーク」が入った「フレークネイル」です。普通のマニキュアのように塗るだけで、簡単にキラキラかわいいネイルができちゃう!と話題になっています。一種類持っているだけでも幅広いネイルアートが可能になることも、このネイルシリーズの人気ポイントです。

安くてもかわいいフレークネイル

 (488573)

【イットネイル】フレークネイルはさまざまなネイルメーカーを始め、セリアやダイソーといった100円ショップでも登場しており、気軽に挑戦しやすくなっています。
今回はこのフレークネイルを使ったアイディアや、簡単な落とし方などを紹介します。

塗り方でも仕上がりが変わる

フレークネイルのボトルの中には、クリアや色つきのマニキュア液といっしょに、小さな色付きのキラキラフレークが入っています。
一度塗りと二度塗りではフレークの量や密度がかなり変わってくるため、華やかにしたいときは塗り方を変えることによって、仕上がり具合を変えることができます。
このため、一種類でもさまざまな仕上がりを楽しむことができます。
重ね塗りをしてフレークの量が増えれば、存在感バツグンのキラキラネイルに♪
また、重ね塗りをすることによって発色も良くなりますよ。

・スポンジを使うのもおすすめ!
カットしたスポンジに、フレークをつけてぽんぽんと付けていくこともできます。
フレークの量を調整しやすいので、このようなやり方もおすすめです。

ワンカラーとの組み合わせも

5本の指のうちすべてをフレークネイルにするのではなく、1〜2本の数本の指のみをフレークネイルにして、他はワンカラーなどシンプルなアートにまとめるという方法もあります。
キラキラ感や派手さなどを抑えられるので、主張しすぎないデザインに仕上がります。

・一部のワンポイントアートも
爪の先端部分にフレークを集めたフレンチネイル風など、部分的なワンポイントアートに使う方法もあります。
クリアベースのフレークネイルを使用して中央部に乗せれば、ほんのり輝くチークネイル風に。
部分的に使えば、派手なキラキラネイルが厳しいオフィスネイルにも、応用できるかも?
さまざまな使い方を試してみてくださいね。

気になる落とし方

フレークネイルは、普通のネイルと比べるとちょっと落としづらくなっています。
しかし落とし方の方法や道具などは、ラメネイルとほとんど変わりません。
無理やりこすって落とすのは避けて、爪と指にやさしい方法でオフをしてくださいね。

ネイルより少し大きいくらいにカットしたコットンを用意して、除光液をたっぷり染み込ませます。
そのコットンをネイルの上に乗せて、指で軽く押してなじませましょう。
あとは、除光液が蒸発しないようにアルミホイルを巻いてしばらく放置!
除光液がなじんで、するりと落としやすくなりますよ。

一本持っていればセルフネイルの幅が広まる、アレンジアイディア満載のフレークネイル。
ぜひ一度試してみてくださいね。



Itnail編集部