コラム コラム 2016年7月5日 更新 お気に入り追加 0

指輪がはまらない!?パーツ付きウェディングネイルと指輪交換の注意点

1,186 view
指輪がはまらない!?パーツ付きウェディングネイルと指輪交換の注意点 Itnail編集部

「ウェディングネイルはとにかく派手にしたい!」と思う花嫁さまが多いようですが、実は派手なネイルが結婚式の進行を妨げるかもしれないことをご存知ですか? 指輪交換の際、ネイルパーツが邪魔になって指輪をはめられない、ドレスにネイルがひっかかるなど、いずれも大事な日には避けたいトラブルです。ウェディングネイルのデザインを考えるときは、トラブルが起こらないような工夫を忘れたくないものです。今回は、結婚式でスムーズに指輪交換をするためのウェディングネイルの注意点や、ネイルによるトラブルを未然に防ぐ方法について挙げてみました。

指輪交換とウェディングネイル

 (469152)

【イットネイル】一生に一度の結婚式の指先を飾るウェディングネイルは、目立つパーツをたっぷりと盛って「とにかく派手にしたい」と考えている花嫁さまがいるようです。
しかし、結婚式のメインイベントである指輪交換のことを忘れてはいけません。
今回は、忘れがちなウェディングネイルの注意点についてご紹介します。

パーツが取れてしまう?!

実は、ウェディングネイルが立体的、派手すぎるが故に指輪交換がスムーズにいかないというトラブルがまれに発生しています。
せっかく気合を入れたネイルにしたのに、結婚式の途中でパーツを取らなければならないことになったら悲しいですよね。
おごそかな指輪交換のシーンは新郎新婦共に緊張するものなので、妨げになるような要素はなるべく減らしておきたいものです。

また、指輪交換のときは問題なくても、結婚式の間にグローブやドレスにネイルがひっかかったりするなどのトラブルも心配です。
ちなみに、引っかかりやすいのは以下のようなデコレーションパーツです。

・大きめのネイルストーンやパール
・ネイルピアス
・立体的な大きめのネイルビジュー
・大きめの3Dパーツ

大きめのパーツを避け小さいパーツを使ったとしても、爪にびっしり敷き詰められていると邪魔になりますので、デザインには注意しましょう。

トラブルを防ぐコツ

・左手薬指のパーツを控える

指輪交換をスムーズにできるようにしつつ、派手で目立つウェディングネイルにするには、パーツをつける位置が重要です。
指輪をはめる指、つまり「左手薬指」のネイルは控えめなデザインにしましょう。
その分それ以外の爪は、思い切り派手なアートを施すことができます。

ネイルピアスは、ゆらゆらと爪先でアクセサリーが揺れてかわいらしいことで人気があります。
しかし、左手薬指につけていると邪魔になるので、使いたい場合は他の爪につけるといいでしょう。

・グローブをはめない

指輪交換の際などにグローブを外すことがありますが、ウェディングネイルのデザインによっては、グローブをスムーズに外せないことがあります
最近はウェディングネイルの普及により、大きなパーツをつける場合はグローブ自体をつけない方もいらっしゃいます。
爪や指が隠れないタイプのグローブを使ってもいいでしょう。
このようなグローブは、「フィンガーレスグローブ」などと呼ばれています。

・ネイルリングを使う

ネイルリングは、普通の指輪のように取り外しが可能な特殊なパーツです。
指輪交換のときだけ外しておけば、派手なウェディングネイルとスムーズな指輪交換を両立することができます。

いかがでしたか?
結婚式を成功させるためには、ウェディングネイルのパーツの盛り方にも注意が必要です。
ネイリストと相談しながら、華やかさと結婚式の成功を両立できるような工夫をしていきましょう。



Itnail編集部