コラム コラム 2016年7月18日 更新 お気に入り追加 0

自爪のケアが肝心!手元のおしゃれを成功させるネイルケアのコツ

423 view
自爪のケアが肝心!手元のおしゃれを成功させるネイルケアのコツ Itnail編集部

セルフネイルを始めたばかりのころは、失敗や悩みが多くついてきます。「不器用で上手く仕上がらない」「仕上がってもすぐに剥げてしまう」「爪が痛みやすい」など・・・悩みの種類は人それぞれですが、特に多く見られるセルフネイルに関する悩みを解決して、手元のおしゃれを楽しむコツを紹介します。またネイルが上手く行かない原因は、自爪のケアが足りていないこともあります。正しいネイルケアを見につけて、美しい素爪を手に入れましょう。

ネイルケアに関するコツ

【イットネイル】ネイルケアの基本は、爪の乾燥を防ぐことにあります。
ささくれ・二枚爪など、楽しいアートを妨害するさまざまな爪のトラブルの大元は、爪の乾燥にあります。
爪も髪や皮膚と同じように乾燥するので、こまめな保湿ケアを行いましょう。
保湿には、市販のキューティクルオイルとハンドクリームが使えます。
最近はネイルケア専用に作られた、ネイル美容液なども売られています。

・素爪でもきれいに見せるには

何らかの理由でネイルアートをしていないときでも、指先をきれいに見せたいものですね。
そんなときは甘皮処理と保湿ケアを済ませた後、トップコートを塗っておきましょう。
トップコートは素爪の上から塗っておくことで、衝撃や乾燥から守ってくれます。

また爪が伸びているときは、すべての爪を整えて長さと形を調整して統一感をもたせましょう。
長さや形にばらつきがあるとかっこ悪く見えてしまいます。
 (447134)

アートに関するコツ

・きれいに仕上げやすいネイルデザインとは

不器用さんや時間がないときでも扱いやすいデザインは、クリアネイルです。
プロ並みの技術がなくても、多少はみ出したりしてしまってもきれいに見えますし、もっとも塗りムラなども目立ちやすいデザインです。

ラメネイルはお手軽にキラキラと華やかなネイルにできて、こちらも初心者でも扱いやすいデザインです。
ただしオフはちょっと大変になるので、注意が必要です。

・仕上がったネイルを長持ちさせるには

爪先の断面部分にもマニキュアを塗っておくことで、色が剥げてしまうのを防げます。
爪が長いときは、爪の反対側(裏側)にも塗っておきましょう。

また、必ずベースコートとトップコートを使うようにしましょう。
どちらも、ネイルの見た目と持ちに大きく関係しています。
しあがった後も、2〜3日に一回くらいはトップコートだけ塗りなおしておくことで、長持ちさせることができます。

・ネイルが落ちにくいときは

除光液は、ケチらずにたっぷり使います。
落ちないからといってごしごしこすると、自爪への大きなダメージになりますのでやめましょう。
こするよりはたっぷりしみこませたコットンを、しばらく爪の上に置いてなじませると、するっと落ちます。

ちなみにベースコートを塗っていないと、ネイル(特にラメネイル)が落としにくくなります。
スムーズなオフのためにも、ベースコートを使いましょう。

いかがでしたか?
難しいセルフネイルでも、まずは簡単なデザインから練習して、いくつかのコツを守ればきっと上手くできますよ。



Itnail編集部