コラム コラム 2015年7月29日 更新 お気に入り追加 1

ネイルチップに付けたい!ラインストーンの付け方

5,310 view
ネイルチップに付けたい!ラインストーンの付け方 Itnail編集部

筆を使ったネイルアートは難しくてあまり得意でない、という方にもお勧めなのがラインストーンを使ったネイル。シンプルなデザインのネイルチップも、ラインストーンを付けるだけでキラキラと華やかになります。

華やかラインストーンをセルフでつけてみよう!

【イットネイル】筆を使ったネイルアートは難しくてあまり得意でない、という方にもお勧めなのがラインストーンを使ったネイル。

シンプルなデザインのネイルチップも、ラインストーンを付けるだけでキラキラと華やかになります。
 (209202)

あなたもラインストーン付きのネイルチップ作りに挑戦してみませんか?

どんなラインストーンがある?

一般的に「ラインストーン」と呼ばれるものには、アクリルストーンとガラスストーンがあります。ガラスストーンの中でも、オーストリアのスワロフスキー社製のクリスタルカットガラスは「スワロフスキー」と呼ばれ、他とは違った輝きを放ち、人気を保っています。

それぞれのストーンには様々な形・色・大きさが用意されており、自分で好きなものを選んでネイルチップを作ることが可能ですが、初心者の方は、色を混ぜすぎず同系色でまとめると上手くいきます。ストーン選びに困ったときは、既に数種類のストーンがセットになって販売されているものを利用するという手もあります。
 (209210)

ラインストーンの付け方

ラインストーンをネイルチップに付ける際には、グルーを使用すると長持ちします。ベースカラーを塗ったあと、ストーンをのせたい部分にグルーを付け、ピンセットやオレンジウッドスティックでストーンをのせていって出来上がり!

トップコートをストーンの上から塗って一緒に固めてしまう方法もありますが、ストーンの輝きが減少してしまうのがデメリットです。

ラインストーンで何ができる?

ストーンをランダムに散りばめたり、一か所にまとめて置いたりと、ラインストーンを使ったデザインは無限大!

爪の先はストーンが取れやすいため、ラインストーンを使うのが初めてだから取れてしまうのが心配な方は、根元にちょこんと置くデザインから始めてみるとよいでしょう。

ライン状に並べるデザインをする時には、同じ大きさで小さめのラインストーンを選びましょう。フレンチ・逆フレンチなど、既にラインが入っているデザインだとはみ出すこともなく綺麗に仕上がります。慣れてきたら同じ種類のストーンを使って、リボンやハート型を作っても可愛いですね。

もちろん、いろいろな種類のストーンを同時に使うこともできますが、その場合は大きいストーンから置いていくと、全体のバランスが取りやすくなります。ネイルチップ一本を豪華に盛り、その他はシンプルなワンカラーにすると、派手になり過ぎません。

いかがでしたでしょうか?いろいろなネイルチップ作りを楽しんでくださいね。



Itnail編集部