コラム コラム 2016年3月17日 更新 お気に入り追加 0

何種類揃えればいい?ジェルネイル筆の種類と使い分けるための基礎知識

5,273 view
何種類揃えればいい?ジェルネイル筆の種類と使い分けるための基礎知識 Itnail編集部

意外と種類の多いジェルネイル用の筆。初心者のうちは数種類・1本ずつ持っていれば十分なのですが、アートの幅が広まってくると、新しく欲しくなってきますよね。施術をもっとスムーズにするためにも、筆の種類と性質などを知っておくことが大切です。今回はメジャーな種類の筆の、特徴などを紹介しています。

ネイルブラシを使い分けよう

【イットネイル】ジェルネイル用の筆(ネイルブラシ)は、意外とさまざまな種類があり、アートの種類や用途によって使い分けることができます。
最初のうちは数本程度持っていれば十分持っていれば十分です。
しかしジェルネイルアートの幅が広まってくると、新しく別の筆が欲しくなってくることも、多くなってくると思います。
またどのような筆でもあらゆるアートができるというわけではなく、それぞれの向き・不向きを把握した上で、上手に使い分ける必要があります。

今回は、ジェルネイル筆の種類と使い分けの方法について紹介しています。
 (381140)

平筆(フラット・スクエア)

平筆は名前の通り平らになっているジェルネイル筆です。
全ての種類の筆の中でも、もっともスタンダードで、どのようなアートの際も使う頻度が高いです。
使う頻度が高い分、1本だけでなく数本持っている人も多いです。
ベースジェルとトップジェルを塗るときはもちろん、ベースとなるカラージェルを塗るためにも使われています。

平筆は3種類持ったほうがいい?

平筆は穂先のサイズによってさらに種類が分かれていますが、上手く使い分けるためには、3種類のサイズを揃えておくといいでしょう。
特にラメジェルも使いたい場合は、塗ったあとに筆にラメがどうしても残りやすく、普通のカラージェルを塗るときにラメが出たりして大変です。
このため、最低限ラメジェル用とカラージェル用に分けるべきです。
できれば「カラージェル用」「クリアジェル用」「ラメ用」の計3種類以上を用意して使い分けたほうが、スムーズです。

フレンチライン用の筆

フレンチラインをスムーズにひくために、先端が斜めにカットされています。
名前の通り、フレンチラインをきれいに引くために作られた筆です。
フレンチネイルをよくするという人には、欠かせない存在です。

細筆

細いラインや細かいアートをスムーズに描くためには、細筆は欠かせません。
ペイントアートをよくする方は複数持っておいていいでしょう。
ネイル筆の中ではもっともデリケートなので、お手入れや管理・保管などに注意する必要があります。
ただし値段は安いものが多いので、複数本をまとめ買いして、ほぼ使い捨て感覚で使っている人もいます。

オーバル(ラウンド)筆

オーバル筆はぱっと見は平筆にも見えます。
よく見ると、先端が丸っこくなっています。
爪の根元あたりを塗るのには、とても便利な形状の筆です。

ジェルネイル筆では今回紹介した筆がメジャーですが、他にもいくつかの種類があります。
中には珍しいタイプ・形状の筆も見られますので、好みや目的に合わせて少しずつ揃えていきましょう。



Itnail編集部