コラム コラム 2017年5月9日 更新 お気に入り追加 0

【 すっぴん爪 】何も塗らなくても「 美ネイル 」に見せるコツ

14,756 view
【 すっぴん爪 】何も塗らなくても「 美ネイル 」に見せるコツ Itnail編集部

ナチュラルメイクに挑戦したものの、「意外と難しい!」と感じたことはありませんか?メイクと同じで、ネイルだってナチュラルに仕上げるのは、意外と難しかったりします。しかし一見何も塗っていないようにみえても、自然な美しさがあるのがナチュラルネイルの魅力。さらにオフィスからデートまで男性受けはとてもいいので、挑戦したくなりますよね。今回は意外と難しいけどモテネイルに最も近い、ナチュラルネイルのコツに迫ります。

塗らないときでも爪をきれいに見せるには?

●長さを整える

長く伸びすぎた爪、長さが揃っていない爪は自然な見た目と美しさを阻害します。
短すぎず長すぎない、ナチュラルな長さの爪の長さに整えましょう。
形状は丸みのある「ラウンド」などが、一番ナチュラルに見えます。
absolute (大阪)

absolute (大阪)

●ケアのしすぎに注意

甘皮処理や爪の表面を磨くといったネイルケアの中には、やりすぎると自爪を傷つけるものもあります。
甘皮も全てが無駄と言うわけではなく、爪の育成に大切な部分もあります。
むやみにいじりすぎないようにしましょう。

●トップコートでツヤを出す

カラーを塗っていないときでも、トップコートだけを塗っておくことで、ツヤをだしてきれいな自爪に見せることができます。
またトップコートには、乾燥や衝撃などから爪を守る保護効果もあります。
ジェルネイルやマニキュアをお休みしている間でも、トップコートだけは塗っておくといいですよ。
absolute (大阪)

absolute (大阪)

●爪の美容液を塗る

最近は爪を健康に育てるための「爪専用美容液」がいくつか登場しています。
爪に塗っておくだけで、爪に栄養を届けてくれるのでとても便利です。
携帯できるようになっているものも多く、外出先でもぱっとケアができるのでとても便利。
ネイルオイルなどとあわせて、上手に活用しましょう。

●ネイルファンデーションを塗る

トップコートだけではちょっと不安、というときに活用したいのがネイルファンデーション。
ナチュラルなベージュ系やピンク系が多く、塗っておくだけでナチュラルネイルが仕上がります。
また爪に黄ばみや凹凸があるときに、隠す目的で使用している人も多いです。
さまざまな場面や目的で活用できるため、1本持っておいて損はありません。

カラーを塗るときはナチュラルカラーを

何も塗らないだけがナチュラルネイルと言うわけではありません。
カラー選び次第では、一見塗ってないような自然な爪に見せる事できます。

●ベージュ

淡いベージュをさっと塗るだけで、ナチュラルネイルが完成します。
オフィスネイルにおいては特に人気のカラー。
デートやウェディングネイルにもおすすめです。
BRILLIANCE~ブリリアンス~

BRILLIANCE~ブリリアンス~

●淡いピンク

男性受けのもっともいいピンク系。
やや透明感のあるピンクであれば、なおナチュラルに。
Nailroom彩

Nailroom彩

●淡いオレンジ

あまりナチュラルカラーとしては挙げられませんが、鮮やかではなく淡いオレンジであれば、ナチュラルネイルに使うことができます。
指先がぱっと明るくなるので、健康的な手元に見せたいときにおすすめです。
H&S

H&S

マニキュアやジェルネイルなど何もネイルカラーを塗っていないときでも、きれいな指先を作ることは可能。
ぜひ挑戦してみてくださいね。



Itnail編集部