コラム コラム 2019年4月1日 更新 お気に入り追加 0

海外やリゾートに!『ピンク系の海ネイル』なら春でも違和感なし!

776 view
海外やリゾートに!『ピンク系の海ネイル』なら春でも違和感なし! Itnail編集部

連休に海外リゾートに行く人の中には、「リゾートっぽくもあり、今の時期もイケるネイルは何?」と思っている人もいるでしょう。夏っぽいネイルにしたくても、日本はまだ春。デザインに迷いますよね。この記事では、そんなお悩みを解決する、「ピンク系の海ネイル(ドロップネイル)」をご紹介します。

やさしいピンクと1本だけ海アレンジで普段使いもOK

 Laughin’Nail (三重・松阪)

Laughin’Nail (三重・松阪)

海外リゾートにしていきたいネイルといえば、「海をイメージしたデザインネイル」ですよね。でも、海アートはブルーベースが基本。どうしても夏っぽさが全面に出てしまいがちなデザインでもあります。旅先ではまったく問題ないのですが、日本はまだ春なのでちょっと違和感も。できれば今の時期にも対応できるデザインがいいですよね。

そんなときには、やさしいピンクベースの海ネイルがおすすめです。他の爪をピンクベージュのラメネイルにすれば、キラキラしているけどシンプルにきまります。

オフィスネイルもOKにしたければ、フレンチネイルにアレンジするのはいかがでしょうか?肌なじみのいいピンクで斜めフレンチを描き、左右1本ずつ海アートにします。少し華やかなアートが許される職場なら、ラメラインを引いたりヒトデのパーツを乗せたりするのも素敵ですね。
Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

フットも忘れずに♡かわいい海アレンジはコレ

マムズネイル (東京・小平)

マムズネイル (東京・小平)

リゾートでは、マリンスポーツやプールではしゃぎたいですよね。素足になる機会も多いので、フットネイルも気が抜けません。

ピンクのワンカラーで塗った上に、海アートを描きましょう。普段、オープントゥのパンプスを履くことが多いなら、フットネイルも日常的にみんなに見られますよね。春の要素を残したいなら、フットもピンクや白といった春らしいカラーをチョイスするのがおすすめです。1本だけ、ポイントにゴールドを入れてもかわいいです。

「もう少しリゾートっぽさを出したい」と思う人は、数本だけブルーを入れてもOKです。日本の季節にも対応できるようにブルーは控えめにして、1番目立つ親指をピンクの海ネイルにすれば、帰国してからも季節感はバッチリでしょう。
Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

せっかくならリゾートを楽しみたい!キラキラネイル

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

「普段の生活も大切だけど、せっかくならリゾートらしく派手にしたい♡」という人には、思い切りキラキラさせたネイルがおすすめです。

ピンクの斜めフレンチに海アートを描いて、フレンチラインの境目にストーンやラメを置いてみて。女の子らしい華やかなアートになりますね。数本だけ、ホロの斜めフレンチにすれば、太陽の光を浴びたときにネイルに反射してよりキラキラしますよ。ホロはブルー系ではなくクリア系を選んで、日本の季節も意識しましょう。



Itnail編集部