コラム コラム 2016年6月3日 更新 お気に入り追加 0

本物のお花をON♡ドライフラワーを使った押し花ネイルのやり方

3,010 view
本物のお花をON♡ドライフラワーを使った押し花ネイルのやり方 Itnail編集部

数年前に登場して以来根強い人気を誇る押し花ネイル。本物のお花を埋め込んだデザインは、手描きのフラワー柄や3Dフラワーとはまた違う可愛らしさがありますよね。今回は、そんな押し花ネイルの特徴ややり方、色あせを防ぐ方法などについて詳しくご紹介します。

押し花ネイルってどんなネイル!?

 (422880)

【イットネイル】登場以来女性たちの間で絶大な人気を誇っている押し花ネイル。初めて登場してから10年以上たつ今でも、ネイルサロンで押し花ネイルをオーダーされる方は沢山いらっしゃいます。押し花ネイルというのはその名の通り本物の押し花をネイルに埋め込んだデザインのことで、手描きでは表現することができない本物ならではの質感を楽しむことができます。ベースをクリアや薄い色にすると涼しげな感じに仕上がるということもあって、春先から夏にかけてピッタリのデザインとなっています。

押し花ネイルのやり方について知りたい!

 (422883)

さて、そんな押し花ネイルですが、具体的にどのような方法でアートすればいいのでしょうか。ここからは、押し花ネイルのやり方について見ていきましょう。

<押し花ネイルのやり方>

①まずは、ベースカラーを塗ります。涼しげな雰囲気に仕上げたい場合はクリアのままでもかまいませんし、透け感のあるカラーやラメ入りクリアジェルを塗ったのでもOKです。
②カラーリングができたらクリアジェル(マニキュアの場合はトップコート)を塗り、好きな場所に押し花を乗せます。
③押し花が安定したら、その上からもう一度クリアジェルをぬってこれを埋め込み、完全に硬化させれば完成です。

最近は100円ショップでもネイルアート用の押し花が購入できますし、手芸用として販売されている押し花を使ったのでもOKです。

押し花ネイルの色あせを防ぐにはどうすればいの!?

 (422888)

とっても素敵な押し花ネイルですが、ひとつだけウイークポイントがあります。それは、紫外線に当たることで色あせしてしまうということ。
お気に入りの押し花ネイルが色あせてしまうなんて、かなりショックですよね。では、押し花ネイルを長持ちさせるにはどうすればいいのでしょうか。

ひとつおすすめしたいのは、爪にも日焼け止めを塗る、という方法です。そもそも押し花が色あせる原因は紫外線に当たることにありますので、日焼け止めを塗って降り注ぐ紫外線をカットすれば、押し花の色あせを食い止めることができるのです。
以外と効果的なこの方法、ぜひ試してみてくださいね!



Itnail編集部