コラム コラム 2020年2月25日 更新 お気に入り追加 0

お洒落度高め!天然石柄をポイントアートに取り入れたネイル5選

497 view
お洒落度高め!天然石柄をポイントアートに取り入れたネイル5選 Itnail編集部

ネイルのベースデザインに取り入れられることの多い天然石柄。この柄は、ベースデザインだけでなくポイントアートに取り入れても、素敵なネイルに仕上げられます。この記事では、天然石柄をポイントアートに取り入れてつくる、ネイルデザインをご紹介します。

上品カラーベースに天然石柄のポイントアートをプラス

Private salon Ake nail

Private salon Ake nail

カジュアルなイメージの強い、天然石ネイル。確かに、ターコイズカラーや濃いめの色味を使った天然石ネイルの中には、かなり派手なデザインのものも多く、オフィスシーンでは使いにくいことがありますよね。

そこでおすすめしたいのが、上品カラーのシンプルネイルをベースに、天然石柄のポイントアートをプラスしたデザインです。

例えば、ベージュでカラーリングしたシンプルネイルをベースに、お好みの部分にターコイズ柄のポイントアートをプラスするデザインはいかがでしょうか。天然石柄も小さなポイントアートであれば、上品さを失わない、素敵なネイルに仕上げられます。より上品に仕上げたい場合は、ホワイトベースやピンクベースの天然石柄をアートするといいでしょう。
wear_nail (表参道)

wear_nail (表参道)

フレンチ部分に天然石柄をアートして♡

YUNAIL

YUNAIL

天然石柄は、フレンチデザインに取り入れても素敵なネイルが完成します。

バルーンフレンチや三角フレンチをベースにしてフレンチ部分に天然石柄を描いたり、フレンチラインをあえて歪ませてよりリアルな天然石の質感を表現したり。同じフレンチデザインでも、色々なバリエーションを楽しめそうですね。

フレンチラインにメタリックカラーのラインやラメラインをプラスしたり、爪全体に天然石柄をアートしたネイルを組み合わせたり、といったアレンジもおすすめです。
Spartir (エスパルティール)

Spartir (エスパルティール)

ブロッキングデザインに天然石柄を取り入れて

YUNAIL

YUNAIL

天然石柄は、ブロッキングデザインに取り入れても素敵なネイルに仕上げられます。

例えば、爪を上下2ブロックに分け、上側をゴールドでカラーリング、下側にホワイトやベージュ、ブラウンを使った天然石柄をアートするデザインはいかがでしょうか。ゴールドでカラーリングする際は、メタリックカラージェルを使ってもいいですし、ラメやグリッターで埋めつくしたり、ミラーアートの技法を取り入れたりしてもいいでしょう。

爪を4~5ブロックほどに分けてその一部分に天然石柄をアートしたり、ブロッキングラインにミラーカラーの立体的なラインアートをプラスしたりというように、色々なデザインやアレンジを楽しんでくださいね。



Itnail編集部