コラム コラム 2016年12月2日 更新 お気に入り追加 0

柄ネイルで大活躍!つまようじを使ってできるセルフネイルデザイン

1,091 view
柄ネイルで大活躍!つまようじを使ってできるセルフネイルデザイン Itnail編集部

ネイルアートに使える道具は、マニキュアのハケや筆だけではありません。セルフネイルの場合は、自宅にあるものを使っても幅広いアートができるようになります。つまようじがあれば、セルフネイルデザインの幅がいっそう広まることをご存知でしたか? 特に柄ネイルでは、つまようじが大活躍! 基本使い捨てなので洗ったりする手間もなく、らくちんです。おうちでのセルフネイルにおける、つまようじの活用法アイディアについて紹介します。

どこの家庭にもあるアレを使って!

【イットネイル】セルフネイルに役立てる道具は身近にたくさんありますが、その中でもどこの家庭にでもあって幅広い使い道のある「つまようじ」。
今回は、つまようじを使ったセルフネイルのデザインやアイディアについて紹介します。
 (507903)

柄ネイルに

●ドット
ポップでかわいらしいドットは、きれいなドットを描けるかが重要。
そこでつまようじの反対側(とがってない方)を使って、軽く押すようにドットを描いていくととてもきれいなドットになりますよ。
つまようじを使ったデザインの中では、もっとも基本的で簡単なデザインです。
応用すれば、丸っこいミニフラワーを簡単に描くこともできます。

●マーブル
2色以上のカラーが混ざり合った美しいマーブルネイル。
カラーを混ぜるのに、つまようじを使うことができます。
ベースカラーを塗ったら、使いたい(混ぜ合わせたい)カラーのポリッシュを適当な箇所に何点か置いておきます。
そのあとは、爪の根元から爪先に向かってつまようじで滑らせるように、カラー同士をかきまぜていきましょう。
根元からS字を描くように、つまようじを滑らせていくとやりやすいです。
最初のうちは2色にして、なれてきたら、3色使ったカラフルなマーブルに挑戦してみてもいいかもしれません。
カラー選び次第では、べっ甲やターコイズ風にも仕上げられます。

●ツイード
やさしくて大人っぽい柄として、常に人気のあるツイードネイル。
細めの縦横のラインをランダムに、たくさん描いていくのが基本的なやり方です。
通常はアート用の細筆を使いますが、つまようじで代用することができます。
つまようじが短く感じるときは、代わりに焼き鳥やおだんごなどに使う「竹串」を使ってもいいですね。

小さなハートを描くときに

普通の筆だと、小さなハートを描くのは意外と難しいですね。
そんなときは、つまようじの尖ったほうを使って点をつなぐように、ハートを描いていきましょう。
まずはハートの丸みとなる部分の2箇所に、つまようじの先端につけたマニキュアを2点置いておきます。
あとは、2点のマニキュアをつなぐように、つまようじを動かしましょう。
かわいらしい小さめハートの完成です。

ホログラムを乗せるときに

ホログラムのような小さなパーツは手で扱うにはとても難しいですね。
そんなときは、つまようじの尖ったほうの先端を使って、好きな位置にホログラムを乗せていきましょう。

他にもセルフネイルにおいて、非常に幅広い活用法があるつまようじ。
上手に使って、セルフネイルのさまざまなデザインに役立ててくださいね。



Itnail編集部