コラム コラム 2016年7月29日 更新 お気に入り追加 0

深爪矯正ネイルでコンプレックス解消♪

1,147 view
深爪矯正ネイルでコンプレックス解消♪ Itnail編集部

子供のころの癖が爪を噛むことだった、ピアノを習っていて爪を短くしていたらドンドン短くなってしまった・・・深爪になってしまうきっかけはいくらでもあるもの。問題はそのまま深爪が続いてしまい、自分の爪がコンプレックスになってしまうことです。いまからでも深爪の矯正をしてみませんか?

深爪ってそもそもなに?角質も増えて指先が硬くなる?

 (458573)

【イットネイル】爪を短く切り揃えているだけでは深爪とは言いません。たとえば、噛み癖がある人の場合、噛んでしまうために血が出るまで爪が短くなっている、噛まないように先端の白い部分をドンドン切ってしまい、結果爪が皮膚にめり込んだ状態になっている、などを深爪といいます。噛んだり切ったりして爪が短くなることで、爪が小さくなっていく状態のことです。
この状態になると、ばい菌が非常に入りやすく危険です。さらに爪よりも皮膚が常に先に出ている状態のため、皮膚の角質化が進んでしまいます。すると指先がかかとのようにガサガサになってしまうのです。
そしてこういった状態になると、爪が伸びたときに角質に爪があたって違和感を感じるようになり、さらに爪を切ってしまい深爪が直せないといった悪循環に。また、がさついた指先の皮をむくようになり、頻繁にささくれができるなど、決してキレイとはいえない指先になってしまうのです。

どこのネイルサロンでも深爪を治すことは可能!

 (458574)

深爪を矯正したいなら、まずネイルサロンに行ってみてください。爪にコンプレックスがある人は恥ずかしくてネイルサロンに行けない、そんなふうに思っているかもしれませんが、ネイルサロンは爪をキレイにするところ。
爪の形がキレイじゃないことに悩んでいる人たちがたくさん行くところです。深爪矯正を看板に掲げていないサロンでもOK。
深爪矯正方法はジェルネイルもしくはアクリルスカルプチュア、この2種類になります。アクリルスカルプチュアは厚みがあり、非常に硬いので、噛んでちぎってしまうことや爪切りで切ることはできません。そのため自分では短くできないのです。
また、ジェルは柔軟性が高いので軽度の深爪向きですが、こちらも噛んでちぎることはできません。
自分では爪を切れない状態にすることが深爪矯正への第一歩なのです。

トップコートだけで自分で噛み癖が治せる?

 (458575)

ネイルサロンはお金も時間もかかるしな・・・そんなふうに思っている噛み癖のある人にオススメしたいのが、苦味のあるトップコート。爪に苦いトップコートを塗ることで、「爪を噛むと苦いから噛めない」という状態にするのです。
「ビターネイル」や「マヴァラ バイターストップ」といった商品がネットやバラエティショップで買えるはず。
このトップコートに含まれた苦味成分は、赤ちゃんの誤飲防止としておもちゃなどにも使われており、体に悪い成分ではありません。そのため安心安全。
しかしびっくりするほど苦いので要注意。ふとした瞬間に爪を噛んでしまったら1日中口の中に苦味が残るレベル。噛んだことを本当に後悔するようにできています。
これくらいしないと噛み癖はなかなか治らないもの。キレイな爪のためならがんばれるはずですよ!



Itnail編集部