コラム コラム 2015年7月26日 更新 お気に入り追加 1

意外に簡単!?自宅サロンを開いてみよう!

3,012 view
意外に簡単!?自宅サロンを開いてみよう! Itnail編集部

ネイリストになったら、いつか自宅サロンを開いてみたいという方も多いと思います。子育てしながらだったり、副業としてだったり、どんな状況でもマイペースに自宅の一室でサロンを開業できるなんて素敵ですね。 今回は、自宅サロンの開き方を、簡単にまとめました。

夢の自宅サロンは意外と簡単に開業できる!?

ネイリストになったら、いつか自宅サロンを開いてみたいという方も多いと思います。

子育てしながらだったり、副業としてだったり、どんな状況でもマイペースに自宅の一室でサロンを開業できるなんて素敵ですね。

今回は、自宅サロンの開き方を、簡単にまとめました。
 (136449)

まずは資格取得

世の中、安いサロンがたくさんあるので、自宅サロンを選んでもらうのは大変。事前にネイリストの資格取得をしておけば、お客様に安心して選ばれやすくなります。

ネイリストの資格には、JNAとINAがあり、JNAのJNECネイリスト検定の方がより一般的。JNECネイリスト検定は、3級から、2級、1級と取得していきます。

検定の内容は、爪の基本的なケア、マニキュアのカラーリング、ペイントアート、チップ、3Dアートなど。

また、JNAジェルネイル検定もあり、初級、中級、上級と取得していきます。検定の内容は、爪のケア、マニキュアとジェルのカラーリング、ジェルチップ、アート、スカルプ。

ネイルサロン衛生管理士の資格も取得しておいた方が良いです。

これらの資格をすべて取得するには、6回は試験を受ける必要があります。

また、ネイルスクールに通って道具をそろえると100万~150万円ぐらい必要なので、お金と練習するための時間が必要です。スクールに通えない場合は、通信教育を活用して。

マンションの場合は確認が必要

ネイルの技術が身についたら、いよいよ開業準備です。

まず、「マンション」の場合はマンションの契約書を確認してください。用途として「住居用」と言う記載があれば、自宅でサロンを開業できない可能性があります。

また、「賃貸マンション」でしたら大宅さんに、「分譲マンション」でしたら管理組合に確認を取ることも必要です。

マンションで開業するということは、今後お客様として「不特定多数の人が出入りする」ことを意味し、これを生活環境が悪化すると考える人もいるからです。

一方、自宅が「一戸建て」の場合は、すぐに開業できます。

サロンの場所を意味する「事業所の場所」が決まったら、税務署に「個人事業主の開業届」を提出します。これで個人事業主になれます。この「個人事業主の開業届」は、特に費用がかかるわけでもなく、記載内容も簡単です。

場所が決まったら、後は開店に必要な道具を準備して準備完了です。

費用の話

自宅でサロンを開業する場合は、机や椅子などの設備代、材料などで100万円程度必要です。

技術を習得するためのスクール代や道具代・開業資金として、トータルで300万円弱は見積もった方が良いと思います。

これらの費用が手持ち資金ですべてまかなえれば問題ないのですが、足りない場合は借入金をしなければならないことも。

その場合、どこから借り入れするかなど不明点が多いので、近くの商工会や役所の商工課の商業相談等で、中小企業判断士の先生に相談すると良いでしょう。無料相談会などもあります。

多くの場合は、国民生活金融公庫や、市区町村役所の商工課商工ローン、創業支援資金等、低利の融資を使うことが一般的です。

また、個人事業主になって収入を得るようになるので、確定申告が必要になります。日商簿記3級レベルの簿記の知識をつけておくことをおすすめします。



Itnail編集部