コラム コラム 2016年5月7日 更新 お気に入り追加 1

使わなくなったアイシャドウ。ネイルアートに活用してみるのはいかが?!

3,455 view
使わなくなったアイシャドウ。ネイルアートに活用してみるのはいかが?! Itnail編集部

意外と減らなくていつも余らせてしまうアイシャドウ…。どうせ捨ててしまうものならば、ネイルに活用してみるというのはいかがですか!?今回は、使わなくなったアイシャドウをネイルアートに活用する方法について、詳しくご紹介します!

余ったアイシャドウはネイルに使ってみない!?

 (402353)

【イットネイル】メイクをする際に欠かせないアイシャドウですが、何色かがセットになったアイシャドウの場合、全く使わない色というのが出てきますよね。

またアイシャドウのトレンドもいろいろと変わりますので、使い切らないうちに新しいものを購入する、という方も多いのではないでしょうか。そして新しいアイシャドウを使い始めた場合、古いものは大抵、日の目を見ることがなくなりますよね…。

そこでおすすめしたいのが、余ったアイシャドウをネイルに活用するという方法です。

「えっ!?アイシャドウを爪に塗っちゃって大丈夫!?」

なんて不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そもそもアイシャドウというのは目のまわりに塗る“化粧品”であり、目のまわりに使っている時にアレルギー等が出ていないのであれば、爪に塗っても特に問題はありません。

アイシャドウの活用法~マニキュア編~

 (402357)

それでは早速、アイシャドウを使ったネイルアートにチャレンジしてみましょう。

《用意するもの》

・アイシャドウ
・トップコート(透明)
・爪楊枝

①まずは、使わないアイシャドウをパレットから紙の上に取り出し、スプーンの裏側などを作って潰し、細かい粒子にします。
②トップコートの中に、粒子化したアイシャドウを入れます。紙で漏斗(じょうご)を作ると、こぼしにくくなります。
③爪楊枝を使って、トップコートとアイシャドウの粉をしっかりと混ぜ合わせます。

以上で、アイシャドウ入りのオリジナルマニキュアの完成です!

アイシャドウの活用法~ジェルネイル編~

 (402362)

次に、ジェルを使ったアイシャドウの活用法についてです。
ジェルの中には、透明感のある色づきのもの(悪く言えば発色が悪い…)がありますよね。今回は、こういったカラージェルとアイシャドウを組み合わせて、ネイルを楽しんでみましょう。

《用意するもの》

・パール入りのアイシャドウ
・薄付きのカラージェル
・爪楊枝

①まずは、マニキュアの時と同じ要領でパール入りのアイシャドウを取り出し、しっかりと潰します。
②カラージェルをアルミホイル等の上に適量取り出し、そこにアイシャドウを加えます。
③爪楊枝を使ってしっかり混ぜ合わせれば、パール入りオリジナルジェルの完成です。

薄付きのカラージェルはパールを加えることでその発色が大きく変わりますので、ぜひ試してみてくださいね!
 

 
Itnail編集部