コラム コラム 2016年12月1日 更新 お気に入り追加 0

ハゲかけネイルは落とさずアレンジ!セルフでも簡単にできるやり方

2,982 view
ハゲかけネイルは落とさずアレンジ!セルフでも簡単にできるやり方 Itnail編集部

爪先からハゲかけてきたネイルって、見た目が良くないですよね。しかしハゲかけネイルは、ちょっとしたアレンジを加えることで可愛いネイルに変身させることができます。今回は、外出先でもできるハゲかけネイルのアレンジ法について、チェックしてみましょう。

セルフネイルはとにかくハゲやすい…

 (515713)

セルフで塗ったマニキュアやジェルは、ネイルサロンで施術してもらう場合と比べてどうしてもハゲやすい傾向にあります。特に爪先は負担がかかりやすいため、マニキュアを塗ってから数日もすれば爪先がハゲてしまっている…なんて方も多いのではないでしょうか。
そういった場合、基本的には一度オフをしてカラーリングし直すことになるのですが、頻繁なお直しは、自爪を傷める原因になります。特にジェルネイルのお直しをするという場合、自爪が傷むというのはもちろん、作業にかなりの時間がかかってしまいますよね。

ラメを使ってフレンチネイルに変身!

 (515714)

そこでおすすめしたいのが、ハゲかけネイルにアレンジを加えて、違うデザインに変えてしまうという方法です。

例えば爪先のマニキュアがハゲてしまったという場合、そこにラメを乗せてみる、というのはいかがでしょうか。ラメを乗せることでマニキュアが剥がれた部分を誤魔化すことができますし、爪先をラメで埋め尽くせば、シンプルなワンカラーネイルをラメフレンチデザインに変身させることもできます。
マニキュアが剥がれている指のみにラメを乗せて残りの指はあえてそのままにしておく、なんてアレンジもいいですね。爪先にマニキュアを塗るのが面倒だという場合は、マニキュアが剥がれてきている爪全体をラメで埋め尽くして、ワンカラーネイルとのコントラストを楽しむというのもおすすめです。

クリアカラーを塗り重ねてグラデーションネイルに

 (515715)

甘皮付近のマニキュアが剥がれている場合や、かなり広い範囲のマニキュアが剥がれてしまっている場合は、クリアカラーを塗り重ねてグラデーションネイルにする、というのもおすすめです。

やり方はとても簡単で、爪に塗っているのと同系色のクリアカラーマニキュアを使い、まずは爪全体を、次は爪の半分から上を、次は爪の1/4から上を、というように、爪先にいくにつれて色が濃くなるようにカラーリングしていきます。
爪の周りが剥げてきている場合は、爪全体にクリアカラーを塗ってチークネイルっぽい仕上がりにしてもいいですね!
境目が目立つ場合はラメやストーン、シールを使うことでいくらでも誤魔化せますので、いろいろなアレンジを楽しんでください。



Itnail編集部