コラム コラム 2018年7月18日 更新 お気に入り追加 1

40代の夏ネイル♪「クリア×大人カラー」のバイカラーネイルが素敵

3,047 view
40代の夏ネイル♪「クリア×大人カラー」のバイカラーネイルが素敵 Itnail編集部

2種類のカラーを組み合わせてアートする、バイカラーネイル。ネイルの定番デザインのひとつでもありますが、クリアカラーにお好みのカラーを組み合わせて、涼しげかつお洒落なネイルを作ってみるのはいかがでしょうか。この記事では、クリアカラー×大人カラーでアートするバイカラーネイルデザインをご紹介します。

クリア×グレーカラーのバイカラーネイル

Slow (埼玉県伊奈町)

Slow (埼玉県伊奈町)

お洒落カラーであり、大人っぽいカラーでもあるグレー系の色味。ただ、爪全体にグレーカラーを塗ると、やや暗い印象を与えてしまうこともありますよね。

そんな時は、ベースをクリアにしておいて、爪半分にグレーカラーを塗ったバイカラーデザインにしてみてはいかがでしょうか。爪半分をクリアにすることでグレーカラーのダークなイメージが緩和され、上品で透明感のあるお洒落デザインに仕上がります。

フラットでシンプルなデザインにしたり、スタッズを使ってカッコいいデザインにしたり、パールをあしらって上品なデザインにしたり…。使うパーツを変えて、色々な雰囲気を楽しんでみてください。
brilliant nail 船橋

brilliant nail 船橋

クリア×ベージュ系カラーのバイカラーネイル

brilliant nail 船橋

brilliant nail 船橋

オフィスシーンやフォーマルシーンで活躍してくれるのが、クリア×ベージュ系カラーのバイカラーネイルです。

肌なじみのいいベージュには指や肌を綺麗に見せる効果が期待できますので、これとクリアを組み合わせて、バイカラーネイルを作ってみてはいかがでしょうか。また、ジェルネイルを総オフ/アートし直すサイクルが長い方は、爪の根元部分にクリアを使うことで、長い間キレイな状態を保つことができるでしょう。

春はピンク、夏はブルー、秋はブラウン、冬はパープル…というように、アートの一部に季節感のある色味を取り入れてみるのもおすすめです。
brilliant nail 船橋

brilliant nail 船橋

クリアベース×バイカラーネイルも素敵♡

GRACENAIL 鶴橋

GRACENAIL 鶴橋

バイカラーネイルというと、爪を2つにブロッキングして、2種類のカラーでそれぞれのブロックをカラーリングするデザインが一般的ですよね。もちろん、この基本的なデザインも素敵なのですが、ちょっとしたアレンジを加えてみるのもおすすめです。

例えば、ベースカラーをクリアにしておいて、爪の上半分に2種類のカラーを使ったバイカラーアートを施す、というのはいかがでしょうか。他の人と同じようなデザインになるのはちょっと…という方も、このデザインならば満足できる仕上がりになるかと思います。



Itnail編集部