コラム コラム 2016年11月12日 更新 お気に入り追加 1

ネイルサロンを開業をしたい!夢を叶えるために考えるべき3つのこと。

894 view
ネイルサロンを開業をしたい!夢を叶えるために考えるべき3つのこと。 Itnail編集部

ネイリストさんのなかで独立を夢見ている方は多いでしょう。豊富な知識や自信のあるネイル技術や経験を生かして、自分の思い描くネイルサロンを開業してみてはいかがでしょうか?開業するにあたり、考えるべき3つのこと。

どんなスタイルのネイルサロンを開く?

 (507627)

【イットネイル】ネイリストさんは知識や技術、経験を身につければ、独立開業することも夢ではありません。自分の生活スタイルや好きなテイストに合わせたネイルサロンを開業すれば、仕事も2倍楽しくなるでしょう。
ネイルサロンと言ってもいろんなスタイルがあります。自分に合ったスタイルを見つけましょう。

・店舗型のネイルサロン
・マンションの一室でプライベートネイルサロン
・自宅の一室で自宅ネイルサロン
・美容室や雑貨店などのデッドスペースを間借りするネイルサロン

それぞれメリット、デメリットはありますが、開業資金や営業日数時間などを考慮した上で、まずはどこでネイルサロンを開業するのかを決めることが重要です。

ネイルサロン開業に必要な資金とは

 (507628)

ネイルサロンを開業する際に必要な開業資金は、どんなスタイルのネイルサロンにするかによって異なります。テナントやマンションの一室を借りてサロンを開く場合には、家賃や敷金などが必要になります。商業の場合には住宅よりも敷金がかかるので事前にしっかり調べましょう。間借りの場合はスペースに対する料金なのでコストを抑えられるでしょうし、自宅サロンでしたら家賃がかからないため、費用を抑えられるメリットがあります。
施術に必要なネイル用品一式はネイルの卸やエキスポなどでセールを狙って購入することで、多少コストが抑えられます。プラスメニューの導入によってはフットバスやマシーン、アクリルやエアブラシなどさらにコストはかかりますので、メニューを決める際には経費のことも同時に考えることをお勧めします。
ストック類や見えないところの備品などは、100円均一やIKEAなどを活用しましょう。

ネイルサロン開業に必要な集客方法

 (507629)

ネイルサロンを開業しても、お客さんが来なければ意味がありません。開業で一番大変なのは集客でしょう。大手ネット予約会社や広告などは多額の出資が必要になります。スマホのアプリでサロン登録が無料でできるものや、SNSを活用することで、費用を抑えてなおかつ自分の好きなネイルテイストを好むお客様を見込めるでしょう。
また、ホームページを無料で作れるサイトも是非活用したいところですよね。テンプレートを選んで簡単に作れるので、自分のテイストに合ったホームページを作成することも可能です。費用が抑えられるところはしっかり抑えることはいくらでもできますよ!
あなた好みのネイルサロン、開業してみませんか?



Itnail編集部