コラム コラム 2015年10月9日 更新 お気に入り追加 1

ネイルチップをゴテゴテにデコるには?

3,385 view
ネイルチップをゴテゴテにデコるには? Itnail編集部

ゴージャスなネイルチップがお好みの方は、カラーやアートだけでなく、大きめのパーツを所狭しとたくさん盛ったゴテゴテネイルは魅力的!しかし…

キラキラまぶしい指先に!

【イットネイル】ゴージャスなネイルチップがお好みの方は、カラーやアートだけでなく、大きめのパーツを所狭しとたくさん盛ったゴテゴテネイルは魅力的!
 (202878)

しかし、デコボコがありすぎて、何かに引っかかったりぶつけた拍子にパーツが取れてしまうのでは、と心配になりますよね。

アートの場合はきちんとしたテクニックを学ぶのに日数がかかることがありますが、ビジューネイルはパーツを乗せていくのみ!ベースカラーもシンプルに塗るだけで構わないため、パーツの付け方を覚えれば、初心者でも意外と簡単にできてしまいます。

これから自分でゴテゴテネイル作りにチャレンジしてみたい方のために、作り方のコツをご紹介します!

ゴテゴテネイルにのせるパーツを選ぶ

まず、チップに乗せるパーツを選びます。ストーン・パール・スタッズなどに加え、中にはリボンや香水の形をしたパーツなど、どれも欲しくなってしまうくらいに可愛いものばかりです。通販でもお手頃価格で購入できますので、いろいろ探してみて下さい。

ネイル用のビジューは底にカーブがあるため、チップに密着しやすく作られています。色や大きさの異なるものを数種類混ぜるとよいでしょう。

パーツを事前に手作りしておき、チップにのせる方法もあります。パーツ作りも、お好きな方はチャレンジしてみて下さい。

ゴテゴテネイルの作り方

実際にゴテゴテネイルチップを作りましょう。

パーツはとにかく乗せるのではなく、色や大きさのバランスを考えながら盛っていくことも大切です。

トップコートを塗ってパーツを固定することも可能ですが、トップコートをパーツの上から塗るとビジューネイルのウリであるキラキラ感が失われてしまいます。トップコートを塗る・塗らないはお好みですが、トップコートを使わずにパーツを長持ちさせるにはパーツ固定専用ジェルを使うことをお勧めします。
① ベースカラーを塗り、硬化させる

② パーツを乗せたい部分に、ウッドスティックでパーツ専用ジェルを乗せる

③ 配置しやすいように大きいパーツから先にのせていき、仮硬化する

④ 隙間に小さいパーツで埋めていく

⑤ ビジューの根元や隙間にもう一度ビジュージェルを塗って硬化する
いかがでしたでしょうか?

一気に指先が華やかになるゴテゴテネイル。チップの全体に盛ったり、ちょこっと一部分だけをデコってみたりと、応用が利くビジューネイル。いろいろなネイルチップを作って楽しんでみて下さいね。



Itnail編集部