コラム コラム 2016年5月13日 更新 お気に入り追加 0

ネイルが映える!自宅でも簡単にできる甘皮ケアの仕方♪

2,679 view
ネイルが映える!自宅でも簡単にできる甘皮ケアの仕方♪ Itnail編集部

今や生活の一部となり、女性のおしゃれに欠かせないネイル!でも、何となくキレイじゃない…って感じる事はありませんか?それは甘皮ケアがきちんとされていないことが原因かも。ケアの種類はいろいろありますが、今回はネイルをキレイに見せるためには特に重要な【甘皮ケア】の仕方を確認しましょう♪

ところで甘皮の役目って?どこにあるの?

 (419190)

【イットネイル】甘皮とは、爪の根元にある薄い皮の事をいい、爪上皮とも呼ばれています。爪の内部に雑菌が入らないようにしてくれる働きがあります。甘皮ケアを定期的にすることで、ささくれができにくくなります。また、余分な甘皮をカットすることで爪が大きくなったように見え、見た目が大変良くなりますし、ネイルの持ちも良くなるのです♪爪が伸びるのと一緒に甘皮も伸びてきて、爪にかぶさってきます。甘皮の伸びには個人差があり、1ヶ月でほとんど伸びない人もいれば、2,3ミリ伸びてくる人もいます。

これなら私もできる!簡単甘皮ケア4STEP♪

 (419193)

1.甘皮をふやかす

お風呂のあとはちょうど良くふやけていて、やりやすいですよ♪

2.湿らせたガーゼを親指に巻き、甘皮を押し上げる

爪の表面にこびりついている汚れ(=ルースキューティクル)も一緒にお掃除しましょう♪くるくると力を入れ過ぎないように注意して、押し上げていきます。

3.押し上がった余分な甘皮やささくれをカットする

キューティクルニッパーでカットしていきます。これは慣れるまでは難しい行程ですので、飛ばしても構いません。

4.キューティクルオイルでしっかり保湿

ハンドクリームでも大丈夫です♪爪周りの皮膚にすりこむようにマッサージしましょう。

間違った処理は結構危険!気をつけるポイント♪

 (419203)

一番気をつけていただきたいのは、甘皮の切り過ぎによる傷です。
余分な甘皮はカットしていくのですが、どこまで切って良いか分からず深追いしてカットしてしまうと出血の恐れがあります。そこから細菌が侵入し、細菌感染を起こして腫れてしまったりすることも。
それがひどくなると、爪の再生機能を司る器官(=マトリクス)にもダメージが残り、変形した爪が生えるようになってしまう恐れがあります。

甘皮ケアは、頻繁にやり過ぎても良くありません。
2週間に1度くらいの頻度でケアするのがオススメですよ♪



Itnail編集部