コラム コラム 2020年1月2日 更新 お気に入り追加 0

足元のお洒落を楽しんで♡オルテガ柄を描いたフットネイル特集♡

364 view
足元のお洒落を楽しんで♡オルテガ柄を描いたフットネイル特集♡ Itnail編集部

古くから伝わり、愛され続けてきた手織物の柄のひとつ、オルテガ柄。今回は、このデザインを取り入れたフットネイルにスポットを当ててみたいと思います。色々なデザインバリエーションがありますので、次のデザイン選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

ナチュラルカラーベースのオルテガ柄フットネイル

SHIMA (愛知)

SHIMA (愛知)

ひし形や三角形、四角形を組み合わせたような、幾何学的な模様が印象的なオルテガ柄。ファッションアイテムやアクセサリーにはもちろん、インテリアやファブリック類のデザインにも多く取り入れられるデザインです。

そんなオルテガ柄をアートして作るネイルとしてまずご紹介したいのが、ナチュラルカラーをベースに使ったデザインです。

例えば、肌なじみのいいベージュをベースに、ホワイトでオルテガ柄をアートするデザインはいかがでしょうか。ポイントで、ネイビーやブラックといった濃いめの色味を取り入れてみるのもおすすめです。
affection TAKAKOnail

affection TAKAKOnail

ブルーベースのオルテガ柄フットネイルも素敵

affection TAKAKOnail

affection TAKAKOnail

オルテガ柄は、ブルーベースのネイルにアートするのもおすすめです。

爽やかなブルーをベースにターコイズカラーやホワイトのオルテガ柄をアートしたり、深みのあるネイビーをベースにホワイトのオルテガ柄をアートしたり。ひとくちに「ブルー」といってもその色味にはたくさんのバリエーションがありますので、お好みの色味をセレクトしてくださいね!

仕事柄、派手なハンドネイルなNGという方も、フットネイルならばこういった主張の強い色を使ったデザインを楽しめるのではないでしょうか。
Rapure Nail (大阪)

Rapure Nail (大阪)

アシンメトリーなオルテガフットネイルにもチャレンジ

M’snail

M’snail

オルテガ柄をアートしたフットネイルは、左右でデザインを変えてアシンメトリーな仕上がりにするのも素敵です。

例えば、左右の爪に描くオルテガ柄は全く同じものにしつつ、片方の爪は暖色系カラーをベースに、もう一方の爪は寒色系カラーをベースにするデザインはいかがでしょうか。全く同じオルテガ柄でも、ベースカラーが変わるだけで仕上がりの印象がずいぶん違ってきますよ!

もちろん、ベースカラーだけでなくアートするオルテガ柄も変えたり、片方はオルテガ柄に、もう一方は違う柄にしたり、といったアレンジも素敵ですよ♪ポイントでスタッズをプラスして大人カッコいい仕上がりにしたり、パールをプラスして柔らかな雰囲気に仕上げたりというように、アートに使うパーツも工夫してみてください。



Itnail編集部