コラム コラム 2022年3月16日 更新 お気に入り追加 0

2022年春ネイルは『ケリーグリーン』に注目!指先萌える鮮やかデザイン

1,567 view
2022年春ネイルは『ケリーグリーン』に注目!指先萌える鮮やかデザイン Itnail編集部

今期も引き続き人気の「グリーン」。2022年春はトレンドカラーの一つでもある『ケリーグリーン』に注目です。アイルランドの一般的なファミリーネームである「ケリー」から名付けられたこの色は、緑豊かなアイルランドの風景を思い起こさせるとっても色鮮やかな緑色です。春にふさわしい爽やかさもあり、また上品で大人っぽい表情を見せることもできる「ケリーグリーン」。今回はそんなケリーグリーンをイメージさせる素敵なグリーンを使ったネイルデザインをご紹介します。お洋服やバッグだけでなく、ネイルにもトレンドカラーを取り入れて、最先端のオシャレを楽しんでくださいね!

2022年春のグリーンは『ケリーグリーン』

とどまるところを知らない「グリーン」のブーム。2022年春の注目カラーは、緑豊かなアイルランドの風景を思い起こさせる、色鮮やかさが魅力の「ケリーグリーン」です。
ちょっと聞きなれない色かもしれませんが、一般的にセントパトリックスデ―のカラーとしても有名な正統派グリーンです。

ぜひ「ケリーグリーン」をファッションやネイルに取り入れて、最先端のオシャレを楽しんじゃいましょう!
Smile☆nailが投稿したネイルデザイン [photoid:I0102947] via Itnail Design (668897)

ミディアムレングスのオーバルカットをベースにしたケリーグリーンのワンカラーネイル。萌える草木のような、生命力あふれるネイルに仕上がっています。緑色ならではの上品さと、指先から映える色合いがとってもエレガントです。
Tyttö mode nailが投稿したネイルデザイン [photoid:I0105150] via Itnail Design (668896)

ワンカラーネイルに、ちょっぴりアクセントを加えたオシャレなデザイン。ワンポイントでS字状にくり抜いた模様が、華やかに際立っています。同じグリーン系のファッションに身を包んで、ぜひネイルとリンクさせてみたいですね。

ゴージャスデザインとも合う『ケリーグリーン』

パキッと明るい緑色の「ケリーグリーン」は、ゴールドやシルバーなどのアイテムとも相性が良く、ゴージャスなデザインに仕上がってくれます。
MARCHが投稿したネイルデザイン [photoid:I0098055] via Itnail Design (668895)

ケリーグリーンをベースに、さまざまなチェーンを飾り付けたチェーンネイル。チェーンの華やかさに負けないくらいの、ケリーグリーンの存在感が目を引きます。チェーンバッグと一緒にコーディネートさせてみるのも良いですね。
ALLURENAILが投稿したネイルデザイン [photoid:I0107459] via Itnail Design (668894)

キルティングアートのように、もこもことした立体感を楽しいネイル。ゴールドミラーやブラック・ホワイトを組み合わせて、ドキッするほどに華やかに仕上がっています。どんなファッションにも引けを取らない、とってもゴージャスなデザインです。

フレンチネイルも上品に仕上がる

ケリーグリーンはフレンチネイルとの相性も良く、とっても上品に手元を魅せてくれることでしょう。
Cuoranailが投稿したネイルデザイン [photoid:I0102999] via Itnail Design (668893)

ちょっぴり長めに整えたスクエアオフカットをベースにした、ケリーグリーンのフレンチネイル。緑色ならではのインパクトと、エレガントさを兼ね備えたデザインです。オフィスカジュアルやジャケットスタイルと合わせれば、パリッとしなやかで上品に決まることでしょう。
Venirが投稿したネイルデザイン [photoid:I0099266] via Itnail Design (668892)

ケリーグリーンとホワイトを使用した、斜めフレンチネイル。斜めフレンチの縦長効果で、指先をスッと長く見せることができます。グリーンとホワイトのコントラストは、新緑の季節にもぴったりの爽やかさが特徴です。

上品で華やかな『ケリーグリーンネイル』

LAURA POMPONNEEが投稿したネイルデザイン [photoid:I0108843] via Itnail Design (668891)

春に注目の「ケリーグリーンネイル」デザインをお届けいたしました。いかがでしたでしょうか。

上品さと華やかさを併せ持つ「ケリーグリーン」を取り入れて、トレンドのオシャレを楽しんでみてくださいね。


Itnail編集部