コラム コラム 2016年12月9日 更新 お気に入り追加 0

カラージェルだけじゃない!セルフジェルネイルに必要なジェルの種類

4,768 view
カラージェルだけじゃない!セルフジェルネイルに必要なジェルの種類 Itnail編集部

ジェルネイルの主役でもある、さまざまなジェルたち。カラージェルに限らず、クリアジェルを中心にジェルネイルを支える、さまざまなジェルがあります。いずれもセルフでジェルネイルをするにあたって必要なジェルなので、一つずつ持っておきたいものです。またスムーズにジェルネイルをするためには、ジェルの種類によって、使用するネイルブラシ(筆)は変えるようにする必要があります。今回は、ジェルの種類について解説します。

ジェルの種類、分かりますか?

ジェルネイルに使うジェルは、色のついたカラージェルだけではありません。
硬化ライトやネイルブラシなど共に、揃えておくことをおすすめします。
 (517736)

ジェルの種類

●ベースジェル
マニキュアのベースコートのようなジェルです。
自爪に塗っておくことで、爪の表面の凹凸を整え、カラージェルの発色や定着を良くするという大事な効果があります。
ベースジェルを塗らないと、ジェルネイルの持ちや仕上がりが悪くなるので、必ず塗りましょう。

●カラージェル
その名の通り色つきのジェルです。
ジェルネイルのもっともメインとなるジェルです。
なるべくカラーバリエーションが豊富なジェルメーカーを選んでおくと、珍しいカラーを使いたいときでも苦労しません。
ベースジェルの上から塗っていきます。

●トップジェル
マニキュアのトップコートのような役割をします。
ジェルにツヤを与えて、仕上がりをきれいにする効果もある大切なジェルです。
カラージェルとアートが終わったら、その上から筆で伸ばしていきます。
このトップジェルを塗ったあとは、硬化をしてジェル専用のふき取り液でふき取ることで、最終仕上げをします。

●クリアジェル
ラメグリッターを混ぜたり、ホログラムを入れたりなど、使い道はさまざまなクリアジェル。
またカラージェルをちょっと薄めるのに使えるので、クリアなカラージェルに変えることができます。
顔料(カラーパウダー)やアイシャドウの粉末を
クリアジェルによっては、ベースジェルやトップジェルの代わりを果たすタイプもあります。
個人差はありますが、ジェルネイルの中では消費量も多いジェルです。

●ラメジェル
最初からラメが入っているジェルです。
クリアジェルにラメグリッターを混ぜることで自作もできますが、ラメネイルを頻繁にする人にはこちらのラメジェルが便利です。
ラメグリッターの大きさによって、ラメネイルの仕上がりもずいぶん違ってきます。
 (517739)

筆を使い分けよう

たとえばクリアジェルとラメジェルに同じ筆を使用していると、クリアジェルにラメが混入してしまうことがあります。
最低でも、カラージェル用・クリアジェル(ベース・トップ)用・ラメジェル用の3種類の筆は、持っておいて使い分けたほうがいいでしょう。
セルフジェルネイルに慣れてきたら、アートをする機会も出てきますので、アート用の細い筆を持っておくのがおすすめです。

ジェルの種類はメーカーなどによってさらに分かれます。
最近はいろんなタイプのジェルが出ているので、自分に合ったものを見つけてくださいね。



Itnail編集部