コラム コラム 2016年9月26日 更新 お気に入り追加 1

「フレンチネイルが上手くできない…」フレンチ上級者になるコツとは?

4,783 view
「フレンチネイルが上手くできない…」フレンチ上級者になるコツとは? Itnail編集部

オフィスシーンでも愛されるフレンチネイル。清楚で女性らしいネイルデザインのひとつでもありますよね。でもセルフネイラーさんにとってフレンチネイルは正直難しいデザインかもしれません。そこで手軽にフレンチネイルができる方法をご紹介します。

王道フレンチを作りたいならパンチシール

 (486343)

【イットネイル】フレンチネイルの一番難しいところ、それはスマイルラインといわれる先端のカーブです。このスマイルラインがキレイに仕上がらないのがセルフネイラーさんの共通の悩み。
そこで使ってもらいたいのが穴あけパンチシール。パンチ穴補強シールともいわれ、パンチで穴を開けた書類などのパンチ部分が破けないように補強する文房具です。
パンチの穴に合うようになっているため、丸いシール。その丸いラインがスマイルラインとして役立つのです。
使い方は簡単。ベースを塗って乾かし、爪の先端にフレンチ部分が見えるようにパンチシールを貼ります。先端部分にフレンチのカラーを塗り、ゆっくりシールをはがすと綺麗なスマイルラインの出来上がり。
フレンチ部分のポリッシュが乾く前にシールをはがしてくださいね。簡単に王道のフレンチネイルが楽しめます。

斜めフレンチは超簡単なアレンジフレンチ

 (486344)

フレンチネイルの醍醐味はシンプルでありながらアレンジが多く、さらにそれがネイル上級者に見えることでもあります。
そこでおすすめしたいのは斜めフレンチ。カーブがないのでかなり簡単。しかもフレンチが斜めになるだけでかなり大人っぽい雰囲気になりますよ。
しかもこの斜めフレンチ、片側から斜めだけでなく、両方から斜めフレンチを作ればV字フレンチにもなっちゃうんです。またそのV字のバランスをあえて変えるのもアリ。左右均等じゃない、10本同じじゃないV字フレンチはかなりネイル上級者のデザインです。
色をベージュにまとめればオフィスもOKのはずです。
コツは塗るほうのポリッシュブラシよりも、塗られるほうの手を斜めに動かすことで、綺麗な斜めフレンチができますよ。

ラメフレンチはおすすめごまかしネイル

 (486345)

セルフネイラーさんなら1つ持っておくと便利なラメポリッシュ。ラメは剥げにくく、また剥げてしまったときにも修正がしやすくてとってもおすすめです。そんなラメポリッシュのフレンチも作りやすいフレンチネイルのひとつ。
ラメはラインがはっきりと出にくいアイテムといえます。だからこそ「なんとなくフレンチ」ができるのです。
通常のポリッシュは色の違いが出てしまうため、フレンチラインをよほど綺麗に作らないとイマイチの印象に。しかしラメはクリアポリッシュにグリッターの入ったもの。そのためラインがはっきりしないのです。
さらに光の反射でもっとラインがぼやけます。にもかかわらずキラキラしてかわいい。そのためちょっと手抜きフレンチなのにすごくかわいい仕上がりになるのです。
ポイントは薄めのラメ。薄めならオフィスでもOKかもしれませんね。



Itnail編集部