コラム コラム 2015年7月26日 更新 お気に入り追加 0

使用法に注意!ジェルネイルで使われる「アセトン」って何?

7,145 view
使用法に注意!ジェルネイルで使われる「アセトン」って何? Itnail編集部

ジェルネイルは、マニキュアなどに使う通常の除光液だけでは落とすことができません。基本的には、アセトン入りのリムーバー(ジェル専用のリムーバー)を使うことになります。しかしこのアセトン、頻繁に使うには…

頻繁な使用は爪に強いダメージが

ジェルネイルは、マニキュアなどに使う通常の除光液だけでは落とすことができません。

基本的には、アセトン入りのリムーバー(ジェル専用のリムーバー)を使うことになります。

しかしこのアセトン、頻繁に使うにはなかなかリスクが高い成分でもあります。

有害性もそれなりにあるため、取り扱いには十分な注意が必要です。
 (114009)

アセトンは薬局などでも入手できますが、ジェルネイルオフ用にアセトン入りのリムーバーが売られています。

ただし、アセトンは使用しすぎると爪の乾燥を強くしたりなど、使うたびに爪にダメージを与えています。

また、爪の黄ばみや割れなどを引き起こしやすくなります。

このため、あまり頻繁に使うことは推奨されていません。

多くても1週間に1回程度がいいとされています。

使うときは換気をしっかり!

アセトンの液体は引火性もあるため、取り扱いには十分な注意が必要です。

閉め切った狭い部屋で使うのも、おすすめできません。

なるべく換気のいい部屋で使うようにしましょう。

特に部屋を閉め切りやすい冬場は、換気が不十分になりやすいので注意が必要です。

使用後はしっかりハンドケアを

使用後はしっかりとフタを閉めて、直射日光が当たらず温度が安定した場所で保管します。

当然ですが、使用後はしっかりと手を洗いましょう。

アセトンによる爪や指先の乾燥を防ぐために、キューティクルオイルやハンドクリームを使った乾燥防止ケアも必要です。

ノンアセトンリムーバーと使い分ける

最近は、アセトンが入っていないタイプのリムーバーが人気を集めています。

爪が痛みにくいので、快適に使用できます。

ポリッシュのみなど落としやすいネイルであれば、アセトンが入っていなくても十分落とすことができます。

これらのタイプのリムーバーは、「アセトンフリー」や「ノンアセトン」といった名称で売られています。

できればアセトン入りのもの、アセトンフリーのものを両方用意しておきましょう。

ネイルの落としやすさに応じて使い分けるのがオススメです。

いずれのリムーバーを使うときも、なるべく皮膚に触れないようにしたいものです。



Itnail編集部