コラム コラム 2018年8月23日 更新 お気に入り追加 0

絵本の世界が広がる。「はらぺこあおむし」のハンド&フットネイル

332 view
絵本の世界が広がる。「はらぺこあおむし」のハンド&フットネイル Itnail編集部

はらぺこあおむしはアメリカの絵本作家エリック・カールが出版した幼児向けの絵本です。子どもの頃読んだ人もいれば、今、子どもに読んであげている…そんな人もいるのではないでしょうか。鮮やかな色彩と斬新なタッチで描かれた挿絵のとても美しい絵本です。そんな絵本の世界観をたっぷり味わえるネイルをご紹介します。

沢山食べて蝶になるあおむしの物語をネイルに

M’snail

M’snail

はらぺこあおむしはお腹を空かせたあおむしが毎日色々なものを食べて、最後にはさなぎから蝶へと成長していく過程を物語にした絵本です。

登場するのはあおむしと、そのあおむしが食べた沢山の食べ物たち。ネイルに描く際も水彩画のような色の移り変わりと、どこか油絵のような生き生きとしたタッチを再現するといいでしょう。

あおむしを描き込んでもいいですし、あおむしが食べた沢山のフルーツやお菓子を一つ一つ爪に描いていくだけでも世界観がしっかりと再現されたネイルになりますね。何をどんなベースカラーの上に描くかでも見え方が変わってくるので、デザインのバランスを見て調整しましょう。
pecoru (大阪)

pecoru (大阪)

フットネイルを大きなキャンパスに見立てても◎

MeVius nail (名古屋)

MeVius nail (名古屋)

ハンドネイルだけではなく、フットネイルにもはらぺこあおむしネイルは映えます。

手元はどうしても日常使う部分なので、ネイル10本全部を俯瞰的に見渡す事はあまりないと思います。
でも、フットネイルであれば目線から遠い事もあり、普段から足の指10本全てを見渡す事が出来ます。
なので、フットネイル10本全てをキャンパスに見立ててあおむしが蝶に育つまでの成長の過程を描いてみたり、あおむしがネイルの上を横断しているかのような大胆なデザインにしても面白いでしょう。

物語のエピソードをちりばめながらも、どんなネイルにするかはあなたのセンス次第です。
pecoru (大阪)

pecoru (大阪)

キャラクターが苦手な人はポイントで取り入れてみよう

pecoru (大阪)

pecoru (大阪)

とても可愛らしいはらぺこあおむしネイルですが、キャラクターもののネイルデザインは少し子どもっぽくなるような気がして、ネイルにするのを迷う人もいるかもしれません。

そんな時は物語に出てくるモチーフを少しデフォルメしてみましょう。例えば、はらぺこあおむしが食べた食べ物や、お月様やお日様を、色合いやトーンを変えて描いてみるといいでしょう。

デザインのテーマとして絵本に登場するアイコンをポイントで使えば、子どもっぽくなる事もなく、絵本のモチーフをネイルにする事が出来ますよ。

子ども向けの絵本ではありながらグラフィックとしても高く評価された作品で、鮮やかで生命力を感じる独特のタッチが魅力のはらぺこあおむし。とても芸術性のあるネイルが作れるモチーフですよ!



Itnail編集部