コラム コラム 2016年11月5日 更新 お気に入り追加 0

シリコンモールドを使って簡単3Dネイル♡色も大きさも自由自在!

2,147 view
シリコンモールドを使って簡単3Dネイル♡色も大きさも自由自在! Itnail編集部

ぷっくり立体的なパーツがかわいらしい「3Dネイル」。しかし一般的なセルフネイラーにとって、アクリルを使った3Dネイルはとてもハードルが高いし、セルフでは技術的にも難しいですよね。そんな3Dネイルは、「シリコンモールド」というアイテムを使うことで、セルフジェルネイルでもできるようになっています。これがあれば、自宅で・自分でかわいい3Dパーツを自由に作ることができますよ。シリコンモールドの魅力や、具体的な使い方を紹介します。

3Dネイルはセルフじゃ無理?

【イットネイル】ストーンなどのパーツをつけなくても、立体的なぷっくり感で目立たせることができることで人気の3Dネイル。
しかし3Dネイルというと、どうしてもネイルサロンでしかできないイメージがあります。

実はあるアイテムを使うことで、周りと被らないような3Dネイルをセルフでもできるようになっちゃうんです!
それはレジンなどでも使われている、「シリコンモールド」というシリコン製の「型」。
このシリコンモールドがあれば、材料は手持ちのカラージェルや普段使っているジェルネイル道具でOKです。
まるでお菓子を作るような感覚で、新感覚の3Dネイルに挑戦してみませんか?
 (506286)

シリコンモールドとは?

シリコンでできた型枠のことで、カラージェルを入れて硬化させることで、ジェルの3Dパーツを自分で作ることができるという画期的なネイルアイテム。
もちろんネイルパーツ専用のシリコンモールドも多く登場しており、300円〜500円くらいの安い価格で購入することができます。
型の種類は基本的なハートや星・フラワーなどから、文字や雪の結晶などさまざまなモチーフや大きさで登場しています。

自分で作るという手間はありますが、市販の3Dパーツを買うよりはずっとリーズナブル。
しかも一つの型にはさまざまな大きさがありますから、大きさやカラーなども自分の好みに調整できます。

シリコンモールドの使い方

基本は使いたい型枠にカラージェルを入れて硬化するだけ。
パーツを作るのになれるまでは、丸型やハート型など基本的な形状から始めるといいでしょう。
大きさもさまざまありますので、最初のうちは小さなサイズがおすすめです。

●流し込む
好きな型枠に、カラージェルを流し込んでいきます。
ジェルネイル用細筆やウッドスティックなどを使って、いっぺんにではなく少しずつ入れていきます。

注意したいのは、気泡が残らないようにすること。
丁寧につまようじなどで潰しておきましょう。

●硬化
硬化時間は通常よりも短めにします。
こうすることで完全には固まらず、爪に合わせて乗せやすい、柔軟性の高い3Dパーツになります。

●乗せる
シリコンモールドはやわらかいので軽く曲げることでパーツが取り出せます。
さっそく、ネイルの上に乗せてみましょう。
硬化時間を短くしたことで、爪のカーブに合わせて隙間なく乗せることができます。

今までハードルが高かった3Dネイルが、ジェルネイルでできちゃうなんてうれしいですね!
お好みの型枠を見つけて、自分だけの3Dアートを楽しんでください。



Itnail編集部