コラム コラム 2015年7月11日 更新 お気に入り追加 2

スムーズにネイリスト資格試験に合格するためには?試験当日までにやっておくべきこと

2,406 view
スムーズにネイリスト資格試験に合格するためには?試験当日までにやっておくべきこと Itnail編集部

ネイリストの資格といっても今はさまざまな種類がありますが、いずれの資格取得を目指す場合でもやるべきことは共通しています。今回は、スムーズに資格を取得するために、やっておくべきこと・重視してほしいことを紹介します。

ネイルスクールに通う以外には何をすればいい?

【イットネイル】ネイリストは資格がなくてもなれる仕事ではありますが、実際はプロとしてネイルサロンへの就職を考えるのであれば資格があったほうが断然有利なのが現状です。

ネイリストの資格といっても今はさまざまな種類がありますが、いずれの資格取得を目指す場合でもやるべきことは共通しています。
今回は、スムーズに資格を取得するために、やっておくべきこと・重視してほしいことを紹介します。
 (209533)

実技がやっぱり大事!

ネイルスクールに通って勉強することも大切ですが、ネイリストの資格試験本番では筆記試験だけでなく、技術の高さを試される実技試験だってあります。

筆記試験は大丈夫だったけど実技がだめだった…なんてケースも少なくはありません。
これを防ぐためにはネイルスクールでの授業以外にも、積極的に自分で練習して技術を身につけておく必要があります。
資格取得段階でしっかりと技術を磨いておけば、就職活動や就職後もちゃんと役に立つはずです。
 (209538)

ハンドモデルの重要性

スピーディーにネイルアートの技術を身につけるためには、やはりネイルアートの練習台になってくれる「ハンドモデル」の存在が重要となります。
実際にネイルチップ相手と本物の人間の手では、上達の速度も違うためです。

また普段の練習はネイルチップ相手でよくても、試験当日には誰かに同伴してもらって実技試験でのハンドモデルとなってもらう必要があるのです。
本物の人の手だと緊張してしまったり、練習のときと感覚が違ってきたりして上手くいかないこともあります。
やはり普段の練習の段階から、ハンドモデルで上達しておくことも大切になるでしょう。

家族、親戚、友人などネイルアートに理解のある身近な人を、ハンドモデルとして確保しておきましょう。
 (209539)

ハンドモデルは、練習だけでなく試験当日に同伴してくれるかが最重要となります。
試験の当日ぎりぎりになってから探したのでは遅いですから、早めに見つけておきましょう。



Itnail編集部