コラム コラム 2016年4月26日 更新 お気に入り追加 0

もう失敗しない!セルフジェルネイルのあるあるトラブルと対処法

1,639 view
もう失敗しない!セルフジェルネイルのあるあるトラブルと対処法 Itnail編集部

どんなに注意していても、初心者のうちはジェルネイル施術中にうっかりミスや、トラブルが起こります。今回は、カラージェルの扱い方に関する注意点を中心に、ジェルネイルの失敗やトラブルへの対処法を紹介しています。またジェルはちょっとしたことに注意することで、もっと扱いやすくなり、トラブルや失敗も少なくなります。まずはカラージェルの基礎知識から学んで、スムーズに・きれいなジェルネイルができるようにしましょう。

①ジェルを塗って硬化してもベトベトする

【イットネイル】気をつけていても発生する、ジェルネイルに関するトラブルや失敗。
今回はジェルネイルに関するトラブルの対処法や防ぐコツを紹介しています。

ジェルを塗るとライトにあてて硬化をしますが、表面に固まらないジェルが残って、それがべとべとの原因になります。
このようなジェルが出るのは、酸素に触れている部分はライトにあてても、硬化しないためです。
このようなジェルは、「未硬化ジェル」と呼ばれています。
酸素に触れている部分は、どんなにライトをあてても固まらないので注意しましょう。
未硬化ジェルは、拭き取り用のジェルクリーナーを使って拭き取ります。
 (391236)

②ジェルがはみ出してしまった!

どんなに注意して塗っていても、カラージェルが爪の周りにはみ出すことがあります。
このようなときはウッドスティックをつかって取り除きましょう。
ない場合はつまようじなどで取り除くこともできます。
面倒かもしれませんが、ジェルがはみ出したまま硬化しないようにしましょう。
見た目の悪さはもちろん、ジェルネイルの持ちも一気に悪くなります。

③カラージェルにムラがでる!

カラージェルの混ぜ方が不十分ですと、ジェル内の色素が底に沈んで色ムラが出やすくなります。
しっかり丁寧に混ぜて、色素が沈殿したままにならないようにしましょう。
またもう一度重ね塗りをすることで、発色がよくなります。

④自作カラージェルが固まらない!

通常自作のカラージェルは、専用の顔料(カラーパウダー)をクリアジェルに混ぜて作ります。
しかし作る段階でカラーパウダーを入れすぎると、ライトの光が届かず硬化ができなくなります。
自作ジェルを作るときは、カラーパウダーは入れすぎないように注意しましょう。
反対にジェルに対してカラーパウダーが少なすぎると、発色が悪くなってムラが出ますので、注意が必要です。

⑤ジェルが硬くて使いにくい!

寒いところにジェルを置いたり、使用するとジェルが固まって硬くなり、非常に使いにくくなります。
このようなときは手でゆっくり容器ごと温めるか、高温すぎないお湯で湯煎をします。
湯煎のときはジェル内に水分が入らないようにしましょう。

⑥カラージェルが固まりにくい!

カラージェルの一部は、色の濃さなどによって、硬化時間が異なります。
パステルカラーやホワイト系など白っぽい色は、通常よりも長く硬化が必要です。
他には青や黒など濃い目の色は、硬化に時間がかかります。
仮硬化も含めて、倍くらいの時間ライトに照射しましょう。

カラージェルの扱い方や硬化の仕方などは、メーカーによって微妙に異なります。
細かい注意点は、説明書などを読んでしっかり守りましょう。



Itnail編集部