コラム コラム 2016年7月1日 更新 お気に入り追加 0

2016年のトレンド「ペールトーンネイル」のアレンジ方法

1,081 view
2016年のトレンド「ペールトーンネイル」のアレンジ方法 Itnail編集部

2016年のトレンドであるペールトーンネイル。柔らかなネイルカラーは、女性らしさをアピールするのにもピッタリですよね。ここでは、ペールトーンネイルとはどのようなネイルなのかということや、おすすめのアレンジ法などについて、詳しくご紹介します。

ペールトーンってどんな色なの!?

 (441362)

【イットネイル】2016年のトレンドカラーの1つに、「ペールトーンカラー」というものがあります。
「ペール」とは直訳すると「薄い」という意味で、ペールトーンカラーとは簡単にいうと「淡色をさらに薄くした色味」ということになります。

ネイルカラーを選ぶ際はその色が人に対してどのようなイメージを与えるかということを考えるかと思いますが、ペールトーンカラーには以下のようなイメージがあると言われています。

・軽い
・薄い
・淡い
・あっさりしている
・弱い
・女性的
・優しい
・若々しい
・可愛い

つまりネイルにペールトーンカラーを取り入れれば、儚げで可愛らしい女性像を印象付ける効果が期待できるというわけですね。

おすすめのアレンジ法① 複数色でグラデーション

 (441363)

ペールトーンカラーはシンプルに単色塗りするだけでも可愛いのですが、2種類以上の色を組み合わせるとさらに可愛く仕上がります。

例えばペールトーンピンクとペールトーンブルーの2色グラデーションにすると、可愛らしさの中にも儚さをプラスすることができます。5本のうち何本かをペールトーンの2色グラデーションにして残りの指はシアーホワイトのワンカラーネイルにする、というのもおすすめですよ!?

もちろん単色グラデーションでも美しく仕上がりますので、シンプル派の方にはワンカラーネイル×淡色グラデの組み合わせをおすすめします。

おすすめのアレンジ法② ラメやストーンをON♡

 (441364)

ペールトーンネイルは、ラメやストーンを組み合わせても可愛く仕上がります。ただし儚げな雰囲気や優しい女性像をイメージさせたい場合、ストーンをたくさん乗せるとこれが悪目立ちして、派手な仕上がりになってしまいます。

そこでペールトーンにストーンを合わせる場合は、ホワイトオパールやライトピンク、シルクなど比較的落ち着いた色味のものをセレクトしましょう。またラメを乗せる場合も、爪先に0.5~1mm程度のラインを引いたり爪の周りを囲んだりするなど、ストーンと同じくあまり主張させすぎないようにすることが大切です。



Itnail編集部