コラム コラム 2015年10月31日 更新 お気に入り追加 0

まるで押し花のよう!可憐なドライフラワーネイルをセルフでやってみよう

2,476 view
まるで押し花のよう!可憐なドライフラワーネイルをセルフでやってみよう Itnail編集部

最近ネイル好きさんの間で話題になっている【ドライフラワーネイル】。普通のフラワーネイルにはないような魅力を持ったこのドライフラワーネイルは、これからの季節にもぴったりなデザインです。今回はドライフラワーネイルについてご紹介します。

普通のフラワーネイルにはない魅力?

【イットネイル】最近ネイル好きさんの間で話題になっている【ドライフラワーネイル】。
かわいいのはもちろん、セルフで簡単にできるのも人気の秘密です。

春ごろには押し花ネイルが流行していましたが、秋はドライフラワーのほうが季節感が出るかもしれません。
普通のフラワーネイルにはないような魅力を持ったこのドライフラワーネイルは、
これからの季節にもぴったりなデザインです。

今回はドライフラワーネイルについてご紹介します。
 (304101)

可憐で繊細な女性の指先を表現

ドライフラワーネイルの魅力は、可憐で繊細な指先に仕上げて、簡単に女性らしい雰囲気に仕上げられるところです。
ドライフラワーパーツさえあれば、特別な道具は必要ありません。

適当にぽんぽんとドライフラワーパーツを置いていくだけでも、素敵でかわいいデザインに仕上がります。
「デザインなどのセンスに自信がない!」という人にもおすすめです。

まずはパーツを用意しよう

ドライフラワーネイルは、市販のドライフラワーパーツを用意すれば簡単にできちゃいます!
すでにたくさんのドライフラワーパーツが登場していますので、好きな色やお花を選んでくださいね。
 (304106)

ジェルネイル用ライトで硬化

ベースを塗ったらドライフラワーパーツをぽんぽん置いて、
ジェルネイルで使うUVライトでいつも通りのジェルネイルのように硬化をしていきましょう。

パーツが小さい場合は、ネイル用のピンセットを使うと安心です。

ベースの色はクリアでもOK!

ベースの色はなるべくドライフラワーパーツが目立つような色にしたほうが、見た目も良くなります。
よく分からないときや迷ったときはベースをクリアにしてみましょう。
ドライフラワーパーツが目だって、きれいに見えますよ。

UVライトを持っていない人はジェルネイル風のトップコートを使うことで、
ドライフラワーパーツを保護しつつジェルネイル風に仕上げることができます。
ドライフラワーパーツは、必ずしも全指に置く必要はありません。

セルフでも簡単にできるドライフラワーネイル、ぜひこの季節に挑戦してみてくださいね。



Itnail編集部