コラム コラム 2020年5月6日 更新 お気に入り追加 0

オフィスネイルといえば、この色!【ベージュネイル】のカラー比較

2,514 view
オフィスネイルといえば、この色!【ベージュネイル】のカラー比較 Itnail編集部

オフィスネイルの定番カラーといえば「ベージュ」です。しかし、一言で「ベージュ」といっても、さまざまなカラーバリエーションがあることはご存じですか?色合いによって、印象がガラリと変わる「ベージュ」は、奥が深いですよ。

究極の上品さ「スキンベージュ」

OCO nail

OCO nail

肌の色とほぼ変わらない「スキンベージュ」は、指と爪が一体となって見えるほどナチュラルです。大変上品で、爪だけ浮いて見えることもないので、商談やプレゼンといった「ここぞ」という場面におすすめです。「爪先まで気を配れるデキる女性」を演出できます。華美なアートをせず、あえてシンプルなワンカラーで攻めましょう。

ゴールドスタッズやストーンをV字に並べたネックレス風ネイルは、エレガントですよね。V字部分をスキンベージュにすれば、派手になり過ぎずに自然にきまります。アート以外の爪は、グラデーションにしてナチュラルさを意識しましょう。
モントシャインネイル

モントシャインネイル

フェミニンさもある「ピンクベージュ」

Re Pool (東京・世田谷)

Re Pool (東京・世田谷)

普段、スカート×ジャケットといった服装が多い社会人の女性には、ピンクベージュがおすすめです。ピンクベージュとは、少しピンクがかったベージュのことで、ナチュラルさとフェミニンさが同居しているカラーです。ゆるふわな雰囲気の女性によく似合います。ワンカラーだけでも、やさしい印象を与えてくれますよ。

少しアレンジするなら、斜めフレンチはいかがでしょう。ピンクベージュを斜めに塗り、フレンチラインの境目にはゴールドのラメを散りばめます。もし、スッキリと見せたい場合は、ラメを散りばめるのではなく、ラメラインを引くとよいでしょう。1本だけ、フレンチラインに沿って、ストーンを並べると華やかさが出ます。
Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)

グッと大人の雰囲気に「ダークベージュ」

Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)

少しブラウンがかった「ダークベージュ」は大人の雰囲気になります。落ち着いているので、管理職の女性にもぴったりです。シンプルに、ワンカラーで塗るだけでもOK♪色がダークなので存在感があります。

もし、「ワンカラーだけだとさびしい」と思うなら、根元にストーンやスタッズを置くのもおすすめです。せっかくシックな印象を与えるカラーなので、派手なアートよりも、シンプルなアートの方がベターですよ。

ベージュのカラーバリエーションはいかがでしたか?自分に合うカラーを見つけてくださいね♡



Itnail編集部