コラム コラム 2017年2月2日 更新 お気に入り追加 1

フレンチネイルのラインを上手に引くコツ

4,666 view
フレンチネイルのラインを上手に引くコツ Itnail編集部

ネイルデザインの基本である「フレンチネイル」。きれいに描かれている美しいフレンチラインに、あこがれているネイル好きさんは多いはず。しかし基本であると同時に、きれいに仕上げることが意外と難しいデザインでもあります。もちろん練習も大事ですが、セルフネイルでも、きれいなフレンチネイルにするためのアイディアはたくさんあります。今回は、フレンチネイルをもっと気軽に楽しむための方法や、コツについてご紹介します。

ガイドシールを利用する

フレンチネイルをキレイに仕上げるためには、爪のカーブに沿った美しいフレンチラインが重要となりますよね。
このラインをきれいに引くのが難しいと言う方は、フレンチネイル用の「ガイドシール(ガイドテープ)」を使ってみましょう。
マスキングの要領で、爪にシールを貼っておいてから塗ると言うのが一般的な使い方です。
シールを貼ったままの爪に、フレンチラインに使いたいカラーを塗り、シールをはがせば、きれいなフレンチラインが描かれた状態になります。
あとはよく乾かして、トップコートを塗って仕上げればOKです。
ガイドシールは、100円ショップのネイル用品コーナーにも売っているため、安くまとめ買いをすることもできます。
 (525960)

●絆創膏も使える?
フレンチラインをキレイに描きたいけど、手元にガイドシールがない or うっかり切らしてしまったというときは、絆創膏がガイドシールの代用品になります。
カットしたマスキングテープも使えますが、意外と絆創膏の方が貼りやすいため、使いやすい傾向にあります。
ネイル専用ではないとはいえ、常に家に置いてあることが多く価格も安い絆創膏は、意外と頼りになります。
絆創膏以外には、文具コーナーなどにあるパンチ穴補強用の丸いシールを爪に貼っても、ガイドシールの代わりになりますよ。
フレンチネイルをするときに頼りになる道具はいろいろあるので、自分に合ったものを見つけて活用してください。

時間がないときはシールも頼りに!

ガイドシールとは別に、最初からフレンチラインの形状が描かれたネイルシールも多く登場しています。
フレンチネイル自体はメジャーなデザインと言うだけあって、ネイルシールも豊富にあります。
カラーもデザインもさまざまな種類がありますので、今までしたことがないようなフレンチネイルのバリエーションを楽しめるでしょう。
はあとねいる

はあとねいる

花柄シールなども使って!

柄もののネイルシールをフレンチラインの形にカットして貼ると、柄のフレンチネイルになっておしゃれです。
ネイルシール以外には、柄つきのマスキングテープなどをカットしても活用できます。
どちらもカットして爪に貼るだけでいいので、簡単&お手軽です。
LOBAL

LOBAL

柄ネイルは、ハーフフレンチや逆フレンチなどの変形フレンチとの相性もばっちり。
いつものフレンチネイルに飽きたときには、試してみてくださいね。

フレンチネイルを思い切り楽しむには、たくさんの練習も重要に思えますが、定番デザインと言うだけあってきれいに作るためのアイディアもたくさんあります。
自分に合った方法を見つけて、きれいなフレンチネイルに仕上げてくださいね。



Itnail編集部