コラム コラム 2016年8月9日 更新 お気に入り追加 0

ブライダルネイルをオーダーする際に注意するべき3つのポイント

744 view
ブライダルネイルをオーダーする際に注意するべき3つのポイント Itnail編集部

一生に一度の結婚式では、指先まで最高に可愛い姿に変身したいですよね!最近はほとんどの花嫁の皆様がブライダルネイルをされるかと思いますが、中には「失敗だったかも…」と後悔している方もいるのだとか。そこで今回は、ブライダルネイルをオーダーする際に気を付けるべきポイントなどについて詳しく解説します。

ネイルデザインは慎重に決めよう!

 (459390)

【イットネイル】ブライダルネイルをオーダーするにあたってはまず、どのようなデザインにするのかを決めなければなりません。
このデザイン選びに失敗すると後悔することになりますので、ブライダルネイルのデザインはいつもより慎重に決めていく必要があります。

ブライダルネイルのデザインは基本的に、ドレスに合わせて決めていきます。
ウエディングドレスの他にカクテルドレスも着るという場合、ホワイトを基調としたデザインにカクテルドレスと同系色のストーン類をあしらう、といった形でどちらの衣装にも合うようなデザインにすることが大切です。

ネイルチップにするのもおすすめ!

 (459391)

結婚式でのお色直しの回数は、平均1回であると言われています。ウエディングドレスとカクテルドレス、和装とウエディングドレス、といった感じですね。

この場合であればどちらの衣装にも合うデザインにしてマニキュアやジェルで自爪に直接アートしたものでもいいのですが、お色直しの回数が2~3回である場合、ネイルチップを作っておいて衣装と同時にネイルもお色直しすることをおすすめします。

というのも衣装が3種類以上になると、すべてに合うネイルデザインを作るのが難しくなってくるからです。そのため衣装が3種類以上ある場合はそれぞれの衣装に合わせてネイルチップを製作し、お色直しのタイミングでこれを付け替えたほうが後悔する可能性が少ないといえます。

オーダーする時期にも注意が必要!

 (459392)

ブライダルネイルは、オーダーするタイミングにも注意が必要です。
まず自爪に直接アートする場合ですが、可能であれば式の前日、それが難しい場合はできるだけ結婚式当日に近い日に施術してもらうようにしましょう。
爪は毎日少しずつ伸びているため、施術から式当日までの時間が長くなればなるほど、トラブルが起こりやすくなってしまいます。

次にネイルチップを作る場合ですが、こちらは最低でも式当日の1週間前までにオーダーしておきましょう。
デザインの打ち合わせからチップの製作、お届けまでには一定の日数が必要になるため、余裕をもってオーダーすることが大切です。



Itnail編集部