コラム コラム 2016年12月17日 更新 お気に入り追加 0

セルフジェルネイルを長持ちさせる3つの方法

2,287 view
セルフジェルネイルを長持ちさせる3つの方法 Itnail編集部

セルフジェルネイラーさんの悩みは“ジェルが持たない!”“すぐ剥がれてしまう”ということです。コツさえつかめばセルフジェルだって1か月は持ちますよ。ジェルネイルを剥がれにくくする重要行程を3つに分けてご紹介しましょう。

ジェルを塗る前のネイルケアはちゃんとしている?

 (522841)

ジェルネイルブームの中、自分でもジェルネイルを楽しみたいとキットを購入して楽しむセルフネイラーさんが多いです。そんなセルフネイラーさんのお悩みはジェルが持たない、すぐに浮いてしまうということです。ちょっとしたことに気をつければ、セルフジェルネイルも持つようになるでしょう。気をつけるべき3つのことを伝授します。

まずはネイルケアです。セルフネイラーさんが省きがちなネイルケアは最も重要な工程です。ネイルケアの工程で重要なものはこちらです。

◯カットラインをファイリングした際のバリを取る

◯甘皮周りとサイドを押し上げ、出てきたルースキューティクル(薄い皮)と小爪をキューティクルニッパーで取り除く

◯お爪表面にバッファーをかける(ノンサンディングジェルの場合は不要)

ネイルサロンでも最も慎重に行うのがネイルケアです。ジェルを長持ちさせるためには重要ですよ。

ジェルネイルを塗る際に気をつけたいこと

 (522842)

ジェルネイルを塗る際に気をつけたいこともあります。

◯爪先端にもジェルをしっかり塗る(筆を爪に対して垂直につけるようにすると良いです)

◯皮膚にジェルがつかないように塗る(根元の形にあった筆を使ったり、サイドは皮膚を下におろし塗ると皮膚につきづらくなります)

◯ジェルを適量塗る(多すぎても少なすぎても剥がれる原因になります)

マニキュアとは少し塗り方が異なりますが、慣れればジェルの方が塗るのは簡単かもしれません。

アフターケアをしっかりと

 (522843)

ジェルネイルをセルフでする場合、最後に見落としがちなのがアフターケアです。ジェルを塗り終わったら細かめのファイルで先端にファイリングしましょう。削りすぎは禁物ですので軽くかける程度にしましょう。先端の凹凸が取れて整うため、先端からの剥がれを防ぐ効果があります。最後は保湿するオイルを塗ってあげることで乾燥からジェルを守ることができ、持ちもよくなりますよ。
セルフネイラーさんが見落としがちな3つの注意点、理解できましたか?注意点を改善すればセルフジェルの持ちがよくなるはずですので、是非お試しください!



Itnail編集部