コラム コラム 2015年6月22日 更新 お気に入り追加 1

知っておけば役に立つ、ネイルのジェルの種類と特徴

4,801 view
知っておけば役に立つ、ネイルのジェルの種類と特徴 Itnail編集部

ジェルネイルに使うジェルには大まかに分けて2種類あります。1つ目はソフトジェル・2つ目はハードジェルです。この2種類は特徴や魅力、デメリットがそれぞれ…

ジェルの種類

【イットネイル】ジェルネイルに使うジェルには大まかに分けて2種類あります。
 (206767)

1つ目はソフトジェル・2つ目はハードジェルです。

この2種類は特徴や魅力、デメリットがそれぞれ違います。
そこで今回は種類別ごとに特徴や魅力、デメリットを紹介していきます。
 (193146)

ソフトジェルの特徴と魅力、デメリット

ソフトジェルは別名ソークオフジェルと言い、ネイルサロンだけでなくセルフネイラーの世界でも大変人気があるタイプのジェルです。
扱いやすい粘度の商品が多く、リムバー液でオフできるのでセルフネイラー初心者の人でも簡単に扱えます。

また下処理が不必要な商品や未硬化ジェル拭き取り不必要な商品など、便利で優秀な商品が販売されています。
他にもカラーバリエーションが豊富でお値段もお財布に優しい商品が多いことから揃えやすい、買い換えやすいのが魅力です。

デメリットは強度が強くないので、長さだしや水仕事が多い人はすぐにリフトしてしまう可能性が生じます。
そして、リムバーとファイルでオフしていくので肌、爪を痛めやすいです。

ハードジェルの特徴と魅力、デメリット

ハードジェルは粘度が硬い商品が多くベース、トップの役割があるので色々揃える手間がはぶけます。
また強度が強いので長さだしにピッタリ、持続性もソフトジェルに比べると断然に長持ちします。

デメリットはファイルで地道に削りながらオフしなければならいので、オフの時間がかかります。
他にもソフトジェルに比べてお値段が高く、匂いのキツイ商品が販売されています。

よくばりさんには相性がいいジェルの組み合わせを・・・

強度も欲しいけど手間はかけたくない!どっちも魅力的!と思い悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
そこで知ってもらいたい豆知識が『よくばりさんには相性がいいジェルの組み合わせ』術です。

例えば強度と簡単さを追求したい人には、ベースをソフトジェル→その上から全てハードジェルで塗れば強度が強いわりに簡単にオフすることができます。

次に自爪を労わりたいけど長さが欲しい人には、ベースをソフトジェル→その上からハードジェルで長さをだしていけば完成します。

しかし、これらのアイディアを施術するには相性が良いソフトジェルとハードジェルを組み合わせなければいけません。実際に試して見る場合は試行錯誤して相性の良い物を探してみましょう。



Itnail編集部