コラム コラム 2019年7月9日 更新 お気に入り追加 0

夏ネイルの定番!【水面ネイル】のバリエーション

1,483 view
夏ネイルの定番!【水面ネイル】のバリエーション Itnail編集部

夏ネイルの定番で、セルフアートをする方も多い水面ネイル(ドロップネイル)。海に行く機会が増えるこれからのシーズン、このデザインを検討している方も多いのではないでしょうか。この記事では、水面ネイルデザインのバリエーションをご紹介します。どのデザインも比較的簡単にアートできるものばかりですので、ぜひ参考にしてくださいね!

爪全体に水面の模様をアートするデザイン

tomony (山形)

tomony (山形)

水面ネイルの定番といえばやはり、爪全体に水面の模様をアートしたデザインでしょう。

水面ネイルはベースデザインの上にクリアホワイトジェルを塗り、クリアジェルを落として作ります。そのためベースカラーをどうするか、どのようなベースデザインにするかによって、仕上がりの雰囲気がかなり変わってくるのです。

ブルー系カラーのワンカラーネイルに水面アートをプラスしたり、数種類のブルー系カラーを使ったタイダイネイルに水面アートをプラスしたりというように、お好みに合わせて色々なデザインにチャレンジしてくださいね!
Nene (千葉県八千代市)

Nene (千葉県八千代市)

水面の模様はポイントアートしても可愛い!

Nene (千葉県八千代市)

Nene (千葉県八千代市)

水面アートは、爪全体ではなく、爪の一部分にポイントアートをする形で取り入れるのもおすすめです。

例えば、ホワイト×ブルーのグラデーションネイルをベースデザインにして、爪の上半分だけに水面の柄をアートするデザインはいかがでしょうか。爪を上下あるいは左右にブロッキングしてどちらか一方だけに水面アートをプラスしたり、フレンチ部分だけに水面アートをプラスしたりといったデザインも素敵ですよ!

かなり濃いめのブルーでも、上に水面アートを重ねることで全体的に柔らかな色味に変化させられますので、ぜひ試してみてください。
Re Pool (東京・世田谷)

Re Pool (東京・世田谷)

ピンクベースの水面ネイルも可愛い!

affection TAKAKOnail

affection TAKAKOnail

水面ネイルというと、海をイメージさせるブルーベースのデザインが一般的ですよね。もちろん、オーソドックスなデザインも素敵なのですが、水面ネイルはピンク系カラーを使ってアートするのもおすすめです。

例えば、数種類のピンク系カラーを使ったマーブルデザインをベースに、クリアホワイトで水面アートを重ねるデザインはいかがでしょうか。水面アートはクリアジェルの落とし方によって仕上がりのデザインが変わりますので、クリアジェルをドロップ型になるよう放射線状に落とし、フラワー柄のような仕上がりにするのもおすすめですよ♪

ピンク系カラーをベースにした水面ネイルならば、オフィスシーンでも使いやすいのではないでしょうか。



Itnail編集部