コラム コラム 2016年12月4日 更新 お気に入り追加 0

ネイルトラブル | 爪がはがれる「爪剥離(つめはくり)」を防ぐには?

3,503 view
ネイルトラブル | 爪がはがれる「爪剥離(つめはくり)」を防ぐには? Itnail編集部

ネイルをしている女性に多いトラブルのひとつ、「爪剥離」。爪が剥がれるなんて想像しただけで怖くなってきますが、間違ったネイルアート・ケアをしていると、爪剥離になってしまうことがあるのです。今回は、怖いネイルトラブル「爪剥離」について、詳しくみていきましょう。

「爪剥離」って、そもそもなに!?

 (515734)

「爪剥離(つめはくり)」とは、爪が、その土台となっているピンク色の部分(爪床)から剥がれてしまう状態のことをいいます。症状の程度は人によって様々ですが、爪の真ん中あたりから爪先にかけて、症状が出る(爪が剥がれる)ケースが多いようです。

そして爪剥離を起こした部分は、白く、あるいは黄色く変色したり、患部から出血したり、痛みを感じたりと、様々な症状があらわれます。また爪先は外部からの刺激を頻繁に受ける部分であるため、爪剥離をそのまま放置していると、爪の根元部分に向かって症状がどんどん進行してしまうこともあります。

爪剥離の原因について知りたい!

 (515735)

では、爪剥離が起こってしまうのは、どうしてなのでしょうか。

その原因としてはまず、爪と爪床の間に異物が入ってしまった、という可能性が考えられます。鉛筆やボールペンが入ったり、お料理をしているときに魚の骨や貝殻などが爪の間に入ったり…など、いろいろなケースがありますよね。
また爪剥離は、爪の乾燥や洗浄力の強い洗剤などによる刺激、除光液の頻繁な使用などによって引き起こされることもあります。最近はセルフでジェルネイルをする人が多くなっていますが、ジェルをオフする際、アセトンを使わず無理矢理ベリッと剥がしていると、爪に無理な力が加わって爪剥離を起こす、なんて可能性もあるでしょう。

爪剥離を防ぐにはどうすればいいの?

 (515736)

残念ながら、一度剥がれてしまった爪は、元に戻すことができません。そのため日頃から正しいネイルケアをして、爪剥離を防ぐことが大切です。

では、爪剥離を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

先ほど説明したように、爪剥離は外部から無理な力が加わったり、爪が乾燥したり、刺激の強い薬剤を頻繁に使ったりすることで引き起こされます。そこで爪剥離を防ぐには、

・低刺激性の洗剤を使う
・爪が乾燥しないよう、こまめに保湿する
・頻繁なネイルチェンジを控える
・ジェルネイルは、正しいやり方でオフする
・洗い物をするときは、ゴム手袋をするなどして手を保護する

といった対策をおすすめします。



Itnail編集部