コラム コラム 2020年2月27日 更新 お気に入り追加 0

待って!そのカラーチョイスは春仕様?季節の変わり目ネイルのポイント

384 view
待って!そのカラーチョイスは春仕様?季節の変わり目ネイルのポイント Itnail編集部

ネイビーやボルドー...冬の間によくチョイスしていたカラーは今からの時期には重すぎるかもしれません。これからネイルチェンジをするなら、春仕様のカラーに変えると3月末や4月に入っても長くネイルを楽しめます。この記事では、冬に選びがちだったカラーをどのカラーに置き換えれば春らしくなるのか、解説します。

パステルグリーンや水色で明るく爽やかにきめてみよう

 Kanoanail (西麻布)

Kanoanail (西麻布)

今の時期は、春が近づいているといっても、外の気温はまだまだ寒く、ニットや暗めの色合いのコートを着ている人も多いのではないでしょうか。みなさんの中には服装に合わせてネイルも冬っぽい落ち着いたカラーを選んでしまう人もいると思います。

ただ、一般的にジェルネイルは3週間くらい持つので、今から冬らしくダークなカラーのネイルにしてしまうと、「本格的な春になっても冬ネイルのまま」という事態になってしまいます。そのため、できれば今の時期のネイルは春らしく明るい色を選びましょう。

次のネイルチェンジで、大人っぽい印象のカーキやネイビーをメインにしようと思っている人は、ネイルを楽しむ期間も考えて明るいグリーンを選んでみるのがおすすめです。例えばパステルグリーンの変形フレンチは、爽やかな印象になります。ストーンを加えてキラキラに仕上げるとGOODですよ。

水色のワンカラーネイルもシンプルでかわいいです。塗るだけで春らしくなるので、セルフネイルにもおすすめです。
無難な大人カラーとして定番になっているカーキやネイビーですが、これからの季節なら明るいグリーンや水色に変えましょう。例えば明るいグリーンの変形フレンチは、爽やかな印象です。ストーンを加えてキラキラに仕上げるとGOODですよ。

水色のワンカラーネイルもシンプルでかわいいです。塗るだけで春らしくなるので、セルフネイルにもおすすめです。
ネイルサロン ナシノキ (大阪)

ネイルサロン ナシノキ (大阪)

暖色系ネイルをしたいならピンクやイエローが春らしい

 JULIET (愛知・名古屋)

JULIET (愛知・名古屋)

もし「次のネイルチェンジは暖色系にしたい!そうだ大人っぽいボルドーやくすみオレンジにしよう」と思っているなら、少し注意が必要です。ボルドーやくすみオレンジといった落ち着いた暖色系は、春には少し重たい印象です。暖色系にチャレンジしたいなら、ピンクやイエローが春らしくなるのでおすすめです。

特に、ピンク×フラワーアートは春の鉄板デザインです。女性らしくかわいらしいネイルで気分もアガりますよ。

イエローは、ハツラツとした印象を与えてくれます。イエローのワンカラーだけでなく、イエローの小花柄も加えれば春らしさも満開ですね。
Marcelina

Marcelina

パープルは薄めのものにすると軽やかになる

Kanoanail (西麻布)

Kanoanail (西麻布)

妖艶でセクシーなイメージのあるパープルは、冬の差し色として大活躍しましたね。しかし、濃いめのパープルは今からの時期にはダーク過ぎる印象になってしまう可能性もあります。もしパープルを春仕様にするなら、薄めの色味を使ってタイダイ柄にしてはいかがでしょう。

ポイントにシルバーのラメを加え、キラッとさせるのもかわいいです。薄めのパープルはゆめかわな雰囲気になるのも魅力です。

今ネイルチェンジをするなら、3週間後も見据えて春らしいカラーをチョイスすると間違いありませんよ。季節の変わり目はネイルも迷いがちですが、少し季節を先取りする気持ちでいきましょう♡



Itnail編集部