コラム コラム 2016年6月23日 更新 お気に入り追加 1

ネイル後に洗ったらダメ?ジェルブラシの保管&お手入れ方法

1,009 view
ネイル後に洗ったらダメ?ジェルブラシの保管&お手入れ方法 Itnail編集部

ジェル好きのセルフネイラーさんならきっと数本のジェルブラシを使いこなしているはず。でもすぐ毛先がバラバラになる、ラメがくっついて取れないなど悩みは尽きないですよね。そこで正しいジェルブラシの扱い方と保管方法をお教えします。ジェル筆を長く使う方法でもありますよ。

ジェルブラシは洗わないほうがいい

 (441278)

【イットネイル】絵の具の筆のように毎回ジェルブラシを洗っている人も多いかもしれません。しかし、これはあまりオススメしません。ブラシ部分にダメージがかかり、筆先がばらつく原因に。
そのため軽くキッチンペーパーで拭き取るくらいがオススメ。
また、しまうときは光を通さないキャップをするか、もしくはアルミホイルで光から遮断して。ブラシは拭き取る程度でしまうため、ブラシにジェルが残っています。その状態で紫外線に当たってしまうとブラシが固まってしまうのです。部屋の蛍光灯でも同じように固まってしまうのでご注意を。

汚れを落とすにはクリアジェルがいい

 (441279)

カラージェルを使ったらブラシ部分に色がついてしまった、ラメがブラシに入り込んで取れない・・・そんなときはクリアジェルが強い見方。
軽くブラシを拭き取って余計なジェルやラメを落としたら、クリアジェルを筆先につけます。そのままキッチンペーパーの上で軽く筆先を左右に動かしていると、汚れが浮き出てキッチンペーパーに移ってくるはず。
これを繰り返していると筆の汚れがきれいに落ちます。あまり左右に強くこすると筆先が傷む原因になるので要注意。
どうしても入り込んだラメが取れないときは筆先に少し多めのクリアジェルを取り、よく筆になじませ、オレンジウッドスティックなどで筆を軽くしごいてみて。きっとラメが浮き出てくるはずです。

筆が固まっちゃった!どうすればいい?

 (441280)

残ったジェルが何かしらの光を浴びて硬化してしまった、筆先が動かない・・・そんなときは無理に筆先をいじらないで。
ダッペンディッシュなどの小さなガラス容器にブラシクリーナを入れ、筆先を浸します。数分後、筆先を軽く動かすとクリーナーに汚れが浮いてくるはず。筆を出して触ってみて、柔らかくなっていたら固まったジェルが溶けているということ。
固まったジェルはクリーナーでないと取れません。セルフジェルを行うならブラシクリーナーは用意しておくべき。
筆先でジェルが固まっているのに無理に取ろうとすると筆の毛が抜けたり、切れたりして使えなくなってしまいますよ。
ブラシがいい状態でないときれいにジェルネイルが仕上がりません。道具は正しく、大切に使ってくださいね。



Itnail編集部