コラム コラム 2016年5月28日 更新 お気に入り追加 1

【ネイルケア】3STEPでできる“ 甘皮ケア ”のやり方♪

759 view
【ネイルケア】3STEPでできる“ 甘皮ケア ”のやり方♪ Itnail編集部

ネイルアートを楽しむための第一条件は、自爪が健康であることです。そしてその為には、日頃から甘皮のお手入れをきちんとしておくことが大切です。甘皮のお手入れは自宅でも簡単にできますので、そのやり方についてしっかりチェックしておきましょう!

ボウルにぬるま湯を張って甘皮をふやかす

 (422608)

【イットネイル】甘皮は柔らかくなっている時の方が処理しやすいので、まずはボウルにぬるま湯を張り、5~10分程度指を浸して甘皮やその周りの皮膚を柔らかくしましょう。ボウルの中にボディソープをほんの少しだけ混ぜると、短時間で甘皮を柔らかくすることができます。またボウルに入れるお湯ですが、あまり温度を上げすぎないようにしましょう。熱いお湯に長時間指を浸すと、指先が乾燥して肌荒れしたりささくれができたりする可能性があるのです。

プッシャー&ニッパーで余分な甘皮を除去

 (422611)

甘皮が柔らかくなったら、プッシャーを使って甘皮を押し上げます。このとき力を入れすぎると肌を傷めてしまいますので、優しく押していくのがポイントです。
すると余分な甘皮が浮き上がってくるかと思いますので、ニッパーを使ってカットしましょう。

爪の上に甘皮が覆いかぶさったまま放置していると、爪の水分が甘皮に奪われて乾燥し、割れやすくなってしまいます。これでは健康的な爪など育つはずもありませんので、健康な自爪を育成するためには定期的なケアによって余分な甘皮を除去することが大切なのです。
ただし甘皮は、あくまでも“余分な”部分のみカットするようにしましょう。必要な部分までカットしてしまうと、ささくれが酷くなったり爪が育ちにくくなったりする可能性があるのです。プッシャーで押し上げて白く浮き上がってきた部分だけをカットしておけば、まず間違いはありません。

キューティクルオイルを塗って仕上げよう

 (422614)

余分な甘皮を除去したら、仕上げにキューティクルオイルを塗ります。
爪の根元部分だけではなく爪の両サイドや爪の先にもオイルをつけて、しっかりとなじませましょう。また指先の乾燥が気になる時は、オイルの後でハンドクリームを塗るのもおすすめです。オイルを塗っただけでは時間の経過とともに保湿成分が蒸散してしまうところ、クリームを塗っておけばキューティクルオイルの有効成分を肌細胞内に閉じ込め、時間の経過に伴う指先の乾燥を防ぐことができるのです。

 

Itnail編集部