コラム コラム 2018年10月23日 更新 お気に入り追加 0

指先から幸せを♡《クローバーモチーフ》のHAPPYネイル♡

251 view
指先から幸せを♡《クローバーモチーフ》のHAPPYネイル♡ Itnail編集部

幸せの象徴として考えられたり、様々なアクセサリーに取り入れられたりすることもある、クローバー。四葉のクローバーを偶然見つけると、それだけで得したような、幸せな気持ちになれますよね。この記事では、クローバーのモチーフを描いたネイルデザインをご紹介します。指先をクローバーで彩れば、幸せを引き寄せられちゃうかも?かわいいデザインたちを早速チェックしていきましょう♪

クローバーネイルで指先から幸せ気分に♡

DOTTY (銀座)

DOTTY (銀座)

偶然の産物である、四葉のクローバー。結婚式をはじめとするお祝いのシーンでも使われることが多いモチーフですよね。ヨーロッパでは、「四葉のクローバーを見つけたら幸運が訪れる」という古い言い伝えがあるのだとか。そんな四葉のクローバーを、ネイルに描いてみませんか?

ベースカラーを塗った上に大きな四葉のクローバーを描いたり、隣り合う爪の左半分と右半分に四葉のクローバーを半分ずつ描いて、2本の爪をピタッと合わせると1つのクローバーが完成するようなデザインにしたり…。色々なデザインをお楽しみいただけます。
sakura (桜)

sakura (桜)

ハートホログラムでアートするクローバーネイル

Slow (埼玉県伊奈町)

Slow (埼玉県伊奈町)

セルフネイルでクローバーを描く場合、1枚1枚の葉の大きさやバランスを調整するのが難しいですよね。

そこでおすすめしたいのが、ハート柄のホログラムを4枚使ってクローバーをアートするという方法。やり方はとてもシンプルで、ハートの下側を中心部に向けて、バランスを見ながら4枚並べるだけでOKです。

ホログラムを並べるだけならば、セルフアートでも失敗する可能性は抑えられるでしょう。クローバーの中心にブリオンをあしらったり、ワイヤーやカーブスティックを茎に見たててあしらったりするのもおすすめですよ♪
Boo Che Nail (大阪)

Boo Che Nail (大阪)

クローバーのモチーフをポイントアートするのも素敵

Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)

クローバーのモチーフは、どこかお好みの場所にさりげなくアートするのもおすすめです。

例えば、上品で肌馴染みの良いワンカラーネイルに、1本だけクローバーを描くデザインはいかがでしょうか。透明感のあるグリーンを使ってやや大きめのクローバーを描いたり、渋めのグリーンを使って小さなクローバーを描いたり…。

最近は、四葉のクローバーの形をしたドライリーフも販売されていますので、これを埋め込むのも素敵ですね。やや主張の強いカラーであるグリーンも、クリアカラーにしたりアートする範囲を狭くしたりすると、派手になることなく上品な仕上がりを楽しめるかと思います。

上品なクローバーネイルなら、オフィスシーンでも活躍してくれそうですね!


Itnail編集部