ベース ベース 2018年8月10日 更新 お気に入り追加 0

巻き爪を放置すると大変なことに!?対処法を知って快適なネイルライフを送ろう♪

837 view
巻き爪を放置すると大変なことに!?対処法を知って快適なネイルライフを送ろう♪ myreco

足の親指によく見られる「巻き爪」。サンダルをはく時期は、見た目にも美しくない形状が気になってしまいますね。巻き爪は見かけだけの問題ではなく、放っておくと爪先に力が入らなくなったり、当たると痛くなったり、最悪歩行困難になることも。多くの女性に見られる巻き爪の対処法をご紹介します。

足の親指によく見られる「巻き爪」。サンダルをはく時期は、見た目にも美しくない形状が気になってしまいますね。巻き爪は見かけだけの問題ではなく、放っておくと爪先に力が入らなくなったり、当たると痛くなったり、最悪歩行困難になることも。多くの女性に見られる巻き爪の対処法をご紹介します。

巻き爪はなんで起こる?



巻き爪とは爪の両端が内側に巻き込んだ形をしているものをさします。多くは足の親指に見られ、爪の両端が親指に食い込むので、指に力を入れると痛く感じます。

爪を切るときも、食い込んだ部分に爪切りが入り込まず、切るのが困難のため、ついついそのまま放置してしまい、ますます悪化してしまいます。


巻き爪がおこる原因には様々ですが、特に近年増えてきた原因は「靴」と「あまり歩かない生活習慣」ではないかと言われています。


●爪先の尖ったハイヒールやパンプス


足に合わない靴を、おしゃれだからと長時間履いていませんか?女性の場合ファッションのためなら少々の痛みを我慢することもあるかもしれません。あなたもおしゃれに犠牲は伴うもの、と考えていませんか?


足のサイズに合わない靴は爪先を圧迫し、巻き爪を引き起こしてしまいます。


●大きすぎる靴


きつすぎる靴がダメなら余裕のある大きい靴を履けばいいのかというと、それも逆効果です。大きい靴を履くと脱げないように爪先に力を入れて不自然に歩きます。

この際靴の中で足が前に滑り、靴の爪先に強く当たってしまいます。これも巻き爪を引き起こす一つの原因です。


●歩行不足の生活習慣


最近は歩行する時間や距離が少なくなり、一日中デスクワークをする女性が多くなっています。通勤時もバスや電車、タクシー、エレベーター、エスカレーターなどを利用し、歩く機会はますます減ってきています。


足の爪はもともと内側に丸々性質を持っています。確かに手足の爪を見ると、反ることなく指にフィットするように丸みを帯びていますね。これはごく自然なこと。


ではなぜ昔の人は巻き爪になりにくかったのでしょうか?

これは「爪が内側に湾曲しようとする力」と「歩行によって足裏からかかる力」のバランスが保たれていたからです。爪が湾曲しようとする力を、地面を踏みしめることによってかかる足裏からの力が押し返し、美しい爪の形を保つことができました。


しかし最近は歩行時間が少なくなったため、このバランスが崩れ、爪の湾曲力が強まり、巻き爪が多くなったと言われています。


●爪の間違った切り方


足の爪を清潔に保とうと深爪にするのもNGです。

爪先の白い部分が無くなるほど爪を深く切った状態で歩行すると、つま先の肉が盛り上がり、爪がまっすぐ伸びることが出来なくなります。その結果縦に伸びるはずの爪が厚みを帯び、変形してしまいます。


巻き爪を放置するとどうなるの?



爪の両側が肉に食い込むことにより痛みを生じさせ、化膿させることもあります。

痛いので歩くのを極力避けると、さらに巻き爪が悪化し、悪循環に。


また痛い部分をかばおうと足の外側に力を入れて歩行するうちに蟹股、O脚、バランスの崩れた歩き方の習慣がついてしまいます。この状態が続くと、高齢になった際転びやすい原因にもなります。


放置していて自然治癒が見込めないのが巻き爪です。巻き爪になりやすい原因を取り除くとともに、すでに悪化しているならば皮膚科にいって専門家の意見を仰ぐのが賢明でしょう。


巻き爪にならないための対処法は?



巻き爪の原因が分かればその対処法もおのずとわかってきますね!


●爪は正しくスクエアカットに


深爪しないように、足の指と同じくらいの長さに爪を切ります。

爪に一番負担のないスクエアカット(四角形)に切りましょう。このままだと四角形の角が鋭角すぎるので、やすりをつかって角を整えて仕上げます。


●靴は足のサイズにピッタリのものを選ぶ


サイズは大きすぎず小さすぎないものを選びます。

靴の中で足が滑ったり、逆に足先を丸めないと入らないようなものは避けましょう。


どうしてもハイヒールや爪先の鋭いものを履かないといけない場合は、履く時間は必要最低限に留めます。例えば通勤時は足に優しいものを履き、仕事場で靴を履きかえるのもいいでしょう。


●歩行時間をアップ


少し面倒でも休日歩いて買い物に行ったり散歩をしてみましょう。

通勤時も一駅分歩くのもいいでしょう。足裏で地面を踏みしめるように正しい姿勢で歩きます。



急に悪化したり、急に生活が不便になったりするわけではないため、放置されやすい「巻き爪」。

でも放っておいてもいつか自然に治ることは絶対にありません。むしろ年齢を重ねるごとに歩行時間が少なくなり、変な歩き方が身についてしまい元に戻すのが難しくなってしまいます。

気になったら早めの対処を心がけ、快適に過ごましょう。



関連記事

・この夏流行りのサンダル別♡フットネイルはコレで決まり♡

・オープントゥにオススメ!かわいく目を引く夏のフットネイル特集♡

・【2018夏】清涼感ある夏ネイルで大人可愛い指先に♪デザイン30選

・夏本番♪フットネイルでつま先から気分をあげて♡サンダルに合わせたいデザイン10選

・海好きさんならドロップネイルで涼しげな夏を満喫♪おすすめデザイン11選