コラム コラム 2015年7月28日 更新 お気に入り追加 3

ジェル用筆の特徴と使用方法

6,475 view
ジェル用筆の特徴と使用方法 Itnail編集部

ジェルネイルをするにあたって必要不可欠な道具の1つである筆は、さまざまな種類があります。シーン別に応じて使い分ければストレスなく、幅広いアート、ジェルネイルが楽しめます。

ジェル用筆の種類と特徴♪

ジェルネイルをするにあたって必要不可欠な道具の1つである筆は、さまざまな種類があります。
 (98603)

①平筆:ジェルネイル全般に使用する筆です。クリアジェルなどをつけてジェルネイルの土台を作る事に適しています。
そして、毛幅が狭い物から広い物があるので広さによってボーダーラインを調整して描くにも適しています。

②オーバル筆:平筆と違い毛先に角がなく丸みのあるタイプの筆です。角がないので爪根元部分がぬりやすいです。

③フレンチ筆:毛先が斜めにカットされているタイプの筆です。名称通りフレンチネイルをする際にフレンチラインが描きやすくフレンチラインの修正にも適しています。

④アート筆:毛先が細くなっているタイプの筆です。名称の通り細かいアート、ピーコック柄、マーブル柄を作るのに適しています。


このような筆をシーン別に応じて使い分ければストレスなく、幅広いアート、ジェルネイルが楽しめます。

ジェル用筆のケア♪

ジェルブラシ、あなたはどのようにお手入れしてますか?

エタノールやジェルをオフする時に使用するアセトンで洗ったりしてませんでしょうか?

実はこのお手入れの仕方は逆に毛を痛めていしまうのでNGなのです!

特に天然毛の筆を上記の方法でお手入れしてしまうと毛がボサボサしてしまい、取り返しのつかない結果になってしまいます。

そこで正しいお手入れの仕方をご紹介します。



①ジェルが付着した筆

施術中も頻繁にペーパータオルの上で筆を優しく滑らせジェルをふき取る。

使用後はペーパータオルに挟み少量のジェルが残るくらいの力でふき取ります。

万が一濃いカラージェルやラメを使用し、ふき取れない場合はクリアジェルで洗い、最後に必ず毛先を整えてキャップをします。

このように特別な理由がない限り、エタノールで洗う必要はないのです。



②絵の具が付着したアートブラシ

絵の具は水性ですので水で洗うだけで十分です。使用中から頻繁に水で洗いながらアートをしていく事がポイントです。

最後に石鹸で優しく洗い毛先を整えて必ずキャップをします。

そして何より1本の筆でジェルネイルをしようと考えないで、クリアジェル用、カラージェル用、ラメ用と筆を使い分けてジェルネイルをすることをオススメします♪

このように普段からお手入れをしてあげていれば高い筆も安い筆も長持ちします♪



Itnail編集部