コラム コラム 2017年3月23日 更新 お気に入り追加 0

長いネイルをしていても毎日を快適に過ごす方法

1,579 view
長いネイルをしていても毎日を快適に過ごす方法 Itnail編集部

普段よくネイルをしていると、自爪でいるよりも自然と爪が長い状態の人がとても多いかと思います。しかしそんな状態だとすぐネイルが欠けてしまう・割れてしまうという方、とても多いのではないでしょうか?生活に支障をきたさずに綺麗なネイルを長くキープする方法を解説したいと思います。

生活の中で指先を使うシーンを想像してみよう

 (528668)

携帯、パソコン、家事全般、私たちは一日の中でどれだけ手先を動かしているでしょうか。

しかし、爪に気を使っていないとエレベーターのボタンを押すなど日常のふとした動作で知らず知らずのうちに指先というより爪をつかって動作している事がとても多いように感じます。

一度ご自分の生活の中で指先がどの程度、駆使されているかを把握する必要があります。それが分かれば次に、その駆使する動作をどうやって爪に負担をかけないものにしていくかを考える必要があります。

道具を使って簡単に指先にかかる負荷を軽減しよう

 (528665)

代表的なものといえば缶ビールを開ける際のプルタブです。スプーンを使ってテコの原理でプルを持ち上げましょう。

他にもテーブルなどにちょっとしたこびりつき汚れを見つけた時に爪を使ってゴシゴシ削ってしまうような事はないでしょうか?そういった動作一つでも爪先に負担はかかってくるのでそういった癖がないかどうか注意して自分の行動を振り返ってみましょう。

そしてもちろんその動作が何か道具で代用できないか考えましょう。多くの場合はその道具を取に行く、活用する手間を省くために爪を使っている場合が多いと思うので、それは改めましょう。

道具を使わなくとも生活できる方法も

 (528662)

それでは代用する道具がない場合はどうするか。こちらも簡単で指の動きを変えることをおすすめします。例えばスマホ。指の先ばかりではなく側面を使い画面を操作します。

すると画面に爪がふれることなく操作することが可能です。針の糸通しなど細かい作業がしたい時は指の第二関節の部分で小さなものを操作できるようになると大抵の事ができるようになります。

最後に料理などでどうしても指の先を使わなければならない動作も指の腹や側面を活用して同じ動きができないかどうか試してみましょう。何度か試していくごとに指先がさらに器用になり、思っている動きが指先を使わずとも出来るようになります。

こういった動作がマスターできると指先への負荷が軽減できるので結果、爪も割れにくく長い状態をキープできますし、爪の裏面にゴミが入る事が防げてとても衛生的です。それでもきちんと爪ブラシなどでのケアは怠らないよう注意して下さい。



Itnail編集部